読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

体内時計がついていけない

今日は遅番です。いつもの遅い勤務より更に遅く、閉店まで。

多分家に着くのは22時くらいになると思われます。

こんな日に長男は夜勤なので、帰宅後に夢ちゃんのトイレの為に屋外に出ます。冠動脈が不安…いつものようにニトロ持参で行かなきゃ。

当然、夕食はその後になるので体に良くないです。

あるアプリで、18時以降は何も食べないで体重が劇的に減らせるとありました。私は2人の主治医に相談した事があります。体重が増えてしまったので前に戻したいと。

「食べる量を減らす事ですね」

同じ答え。代謝が悪いので要は供給を減らすしかないんだと。 

18時以降食べない‼️は試したいけれど、仕事が不規則な私には到底無理です。お休みの日は出来ます。でも、こういった事は、継続が必要です。今日は出来たけれど明日は無理、では効果は期待できません。


神経の痛みのお尻もふくらはぎも一夜明けても痛みは取れません。

主婦は、勤務時間が遅くなっても決まった時間に起床し家の事をやります。帰る時間が遅くなると、1日がとてつもなく長く感じるのです。同じ24時間でも…

体の負担も多くなり、時差ぼけの様な状態になります。

勤務が遅くて1つだけいい事は、接骨院に行く事が出来るのと、夢の散歩が少し長めにやってあげられる事。

私はいつも、夢に「楽しいね」と話しかけます。振り向いて笑ってくれます(多分ワンコの笑顔はこんな顔かなと)

用を足した後も以前みたいに引っ張らないで待っています。「ありがとう」夢は「うん、じゃあおかあさん、またあるこうね」

では、いつもよりも3時間の時差、頑張って1日を始めます。