JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

うっかりじゅん兵衛

こんばんは。

今日はお休みで、長男と約束していました。

9時半に自宅で待ち合わせる予定でしたが、8時前に電話があり

「欠勤が二人も出てしまったので急遽出勤になってしまった」との事でした。

実は、私は、今日長男を凄く頼りにしていたんです。

元々約束はしていたのですが、一昨日の朝(凄い寒波の日です)朝起きてテレビとビデオのリモコンのスイッチを入れたところ、ブルーレイレコーダーだけ反応しないんです。

私はすぐに、リモコンの電池だと思い取り替えました。

それでも反応しないので、ネットで検索して、一旦電源を切って暫くしてオンにしてみる、とあったので試してもダメ…

仕事だったので諦めて、帰宅してから試行錯誤しても、全く電源は入りません。

結局買い替えか…と思い、約束した長男には付き合ってもらって設置もしてもらおうと考えていた矢先に断りの電話。

私は反省しました。

長男には長男の生活があるんだ、どこまで頼るのか考えなさい…

よっしゃ、やるぞ、と気持ちも新たに取説を確認。

電源が入らない場合、やはり一旦電源を切るというのも有りましたが《リモコンの電池は正しくセットされていますか》

フッ、こんなの一番最初に気付いていたよ、なんて思いながらも確認したら・・・

+と-が逆だった❗️

まさにうっかり八兵衛ならぬ、うっかりじゅん兵衛です⤵️

理由はすぐにわかりました。

電池の模様だけを見ていたんですね。古い電池の-側が赤い模様だったんです。メーカーが違っていたのに、同じメーカーの電池と勘違いして、赤は-と思い込んで入れてしまったのだと思います。

分かっていながら間違えてしまう、バカとしか言いようがないです。

私の反省は他にも沢山あります。

最近の私は、テレビにハマりすぎている…

韓ドラ、日本のドラマ、テレビをオンにしている時間は凄く長い。

昨日はそんなわけで、録画も出来てないと思い込んでいたので、湯たんぽを用意して早く休みました。

朝の7時まで安眠です。

ちゃんと良い睡眠を取りなさいという戒めだったのかもしれないですね。

 

今日もあまりにも寒かったし、長男との約束も無くなったので、ウダウダ支度をして外出です。

灯油はもう無かったのですが、ひとりで20リットルのポリタンクふたつは無理だと判断してひとつだけ入れてきました。

他には、コンセントプラグ、エンボス手袋、夢ちゃんの缶詰、などを購入。

その店で観葉植物のポトスも欲しかったのですが、残念ながら有りませんでした。

灯油は思いのほか重くて、階段を一段毎に乗せてやっと運びました。

家に着いたらどっと疲れが出てしまい、お昼はカップ焼きそばになっちゃった。

夢ちゃんには、雛鳥のレバーの缶詰を半分あげました。

足踏みして待つほど欲しかった様で、あっという間に完食^_^

 

買い物の途中で長男から着信で

「帰れる事になった」

多分長男は、今からでも行くよと言いたかったのかもしれないです。

「もうお母さんは動き始めてしまっていて、今出先だし、病院に行ってから家でゆっくりした方が良いよ」

と言って電話を切りました。

風邪気味だったのに、私に付き合おうと思っていたんですね。

ごめんね長男。

でも、レコーダーが何ともなくて良かったです。早速録画した韓ドラを見てしまった私ですが、程々にしますね。

では、そんなお母ちゃんを見守る夢ちゃんです。

数日前に撮った、置物の様な夢ちゃん。

「おかあちゃん、うっかりもほどほどにね。ゆめはね、ちゃんとみてるよ」

なんて思っているかも。

今日の12時20分

灯油を買いに行ったお店の駐車場から撮りました。

寒かったですが、富士山が綺麗でした。 

明日は雪の予報。

9時出勤なので、8時10分頃に出る予定だと、お散歩は7時過ぎには出たいですね。

大雪にならなければ良いのですが。

では、今から夕食です。

夢ちゃんには、昼の缶詰の残りと、豚肉

私は、寒いので湯豆腐にするつもりです。

今日長男が来た時にクリームシチューを食べさせたいと思っていて、購入した鶏のもも肉は冷蔵庫で休んでいます^_^

夢ちゃんがもも肉禁止なので、我が家は買う事が無くなって久しい。

そのまま長男に届けようか。

思案します…

では、そろそろ動き出しますね。

そして、今夜も、テレビは程々にして早く休みますね。

夢ちゃんの為に、元気で長生きしなくちゃ。

みなさま、いつもありがとうございます。

明日もいい日になりますように。

何十年も経って聞かされた話

おはようございます。

今日ですが、こちらは雪予報が今のところ60%

通院の予定なのでちょっと心配です。

昨日ですが、幼なじみとひさびさに会ったとお話ししましたね。

私ですが、親友は美人ばかりとお話ししましたが、もう一つのパターンが有った事に気付きました。

昨日の子は幼稚園からの友達ですが、とても活発で、勉強も出来て、芸術面でも優秀でした。

お寿司を食べながら、他愛無い会話の中で、彼女はこんな事を語り始めました。

「中学3年の頃男子の○○くんが放課後、カーテンに絡まれて○○達に叩かれていたの知ってる❓」

彼女の言葉は続きます。

「私は○ちゃんと一緒に、このカーテンを外して持ち帰り、家のドラム缶に入れて燃やしたんだ」

当時は、家の庭にドラム缶を置いて、紙屑や枯葉などを燃やす家庭が多かったんです。

その後、当然担任はカーテンが無いと言いますよね。

虐めていた中心の悪ガキの男子は、彼女を見て睨んでいたそうです。

何となく気付いていたのかもしれませんね。

私は、虐められていた事も知らなかったので、当然彼女のした事も知りませんでした。

彼女は、こんな風に正義感の強い女子だったのですね。

その虐められていた男子は、とても穏やかで、今で言ったらイケメンな子でした。

そして、父親が有名企業の重役なので、おぼっちゃんでした。

育ちの良さが滲み出でいる子でした。

私は長男と地元に帰ってきてスーパーに勤務した頃、家が近かったのでよく買い物に来て会話をする機会が多くなりました。

私は中学の頃、おとなしかったので男子とは会話をしたことが無かったんです。

そんな私も大人になり、その子も私のことを覚えていてくれたので、そんなさりげない触れ合いが生まれました。

まだ独身のようでした。 

相変わらず、優しい雰囲気でした。

数年すると、私の勤務先は駅ビルから撤退する事になり、仕事も終わりになりました。

それ以降、その人とは会う事はなく、数年後にまさか新聞記事で名前を目にするとは…

経営していたホテルの客に、階段から突き落とされて亡くなってしまった…

殺人事件の被害者になってしまったんです。

 

私の幼なじみは

「中学のあの時、自分が救ったのに、人生の終わりがそんな形なんて切なすぎる」 

ずっと心の中で思っていたのが、同級生の私と会った事で思いが鮮明になったのだと思いました。

今は、優しい眼差しのあの○○くんが、天国で穏やかに過ごしていることを願うばかりです。

彼女もきっとそう願っているからこそ、私にそんな話をしたのだと思います。

私たちが小、中学の頃は、先生の体罰も有ったし、ガキ大将的な男子にはクラスに必ずいて、それがまかり通っていたんですよね。

イジメは今の時代も有ります。

どうか、人の痛みが分かる、子供達がそんな風に育ってくれたらと願うばかりです。 

今朝は暗いお話で申し訳ありません。

 

次回は、彼女との会話で、もうひとつのエピソードをお話ししたいと思っています。

 

では、今から夢ちゃんとお散歩に行ってきますね。

空は真っ白で、今にも雪が落ちてきそうな気配。

明日の出勤の為に、手袋も、スノーブラシも雪かきも用意してあります。

東京では雪が舞っているようですね。

皆様も、お出かけの際にはお気をつけくださいね。

それでは、今日もいい一日になりますように。

鳥肌が立ったこと

こんにちは。

今日明日お休みなのですが、今日は幼なじみの女性の家を訪問しました。

実は、家の担保抹消の件で、司法書士の旦那さんにお願いしていたのですが、旦那さんが入院したと聞いたので、お見舞いも兼ねてお邪魔したんです。

面と向かって会うのは10年近く経ってしまったと思うくらいのご無沙汰でした。

その子は(世間一般ではおばさんですが幼い頃から知っていると《その子》と言ってしまいます)

お見舞いを頑として受け取らず、何度かやり取りをした後、私のバックに強引に入れてしまいました。

そんな時、私はもっと押し通した方が良いのか判断に困るタイプ。

取り敢えずバックに入れたまま…

そしてその子は、暫く話した後「お寿司屋さんを予約してあるので、わたしがご馳走するので行こう」と言うのでそれぞれの車で向かいました。

予約したお寿司屋さんは、私の自宅の近く…

彼女が先頭でそこに行き着いた時

衝撃の光景が‼️

パトカーが2台、救急車とレッカー車が一台、そのお寿司屋さんの周りが大変な事になっていました。

事故です。

事故車は横転していて、まさにガタン❗️と凄い音をして元に戻しているところだったのです。

道路標識は、根元から折れて道に倒れていました。衝撃の凄さを物語っています。

前の車は、警察官の人が迂回させています。

私は、そこで引き返したくなりました。

友達が、そこの寿司屋に予約しているともう一人のお巡りさんに話したら、2台だけスペースが空いていたので、そこに停めても良いと言われました。

道の半分は警察のワンボックスが停まっているので、入れにくい…

お寿司屋さんの中に入ってから、私は幼なじみに

「もう少し早く着いていたら、3度目の事故になってしまったかもしれない。◯ちゃんを巻き込まなくてよかった」

まるで自分が事故を引き寄せたかのような

ネガティブな言葉を漏らしたら(実際、その時鳥肌立ってました)

友達はさらっと

「じゅんちゃん、大丈夫だよ、もうあの家に住んでないからね」

と言い切ったのでした。

幼なじみからしたら、私が2度も事故に遭ったのは、風水という言葉は出しませんでしたが、家が良くなかったと思っているようでした。

私自身は、あの家で幼い子供達の子育ても出来て、ワンコに出会うこともできた、大切な家だと思っています。

でも、実際、家庭がうまくいかなくなったのはそこに住み始めてからなんですよね。

でもそれは、たまたま流れでそうなっただけだと思っています。

20年間お世話になった自宅には、感謝しかないです。

それにしても、こんなタイミングで事故に遭遇するでしょうか。

私は悪い意味で《持ってる》人間なのでしょうか…

なんて考えると取り留めがないので、自分で結論を導き出すのもなんですが

「その時間に行ったから事故を回避できた」

そう思うようにします。

 

友達とは、食事しながらたくさんの話ができました。

たまたま、友達の自宅の道路ひとつ隔てたところに、中古住宅の売り物件が有るんです。

私は、自宅を手放す場合の目安として、毎晩物件を検索しているんです。

まさかお寿司屋さんに行くとは思っていなくて、友達と話したあと、車をそこに暫く置かせてもらって歩いて物件を見に行こうと思っていたんです。

ダメ元で友達に聞いてみたら、実に詳しく教えてくれました。

旦那さんの仕事柄でもそうだし、ご近所付き合いの流れで色々な情報が入ってくるんですね。

「じゅんちゃん、あの物件はやめた方が良いよ、山が崩れるから❗️」

これは関係ないけど、今は空き家ですが、持ち主が住んでいた時ゴミを燃やして山火事を起こしたとか…

それ聞いてしまうと嫌ですよね。

たしかに、その住宅は階段を上った上に建っていて、家の下が車庫、屋根の上には山からの木の枝がたくさん見えていた。

山を背負っている物件です。

掲載している不動産屋さんの説明では、土砂災害特別警戒区域に指定、瑕疵担保を一切問えない

と書いてありました。

リスクの多い物件のようです。

私がその家を知りたい理由を知った友達は、私の自宅の方が価値が高いと言いました。

たしかに、平地だし、水害も無いし、住宅街なので山崩れの心配もない、駅近ではないけれど、商業施設や病院、学校にも近い。

今回、今住んでいる所の3階の住人のような人を知ってしまうと、自宅を人に貸すのにも抵抗が有ります。

26日に長男に会うので、その時に相談してみようかと思っています。

 

今日は、あまり良いお話でなくてすみません。

最後に、昨日の富士山でお別れしたいと思います。

1月22日 7時30分

朝日と雲が美しかったです。

 

明日もお休みですが、月に一度の心臓の病院に行く予定です。

友達に会って話せた事は、とても実りがありました。

これからも、私は私らしく行けばいい、そう思わせてくれました。

まだ14時半です。

実は、少し疲れたので夢ちゃんとお昼寝しますね^_^

夕方のお散歩は、暗くなる前に長めに行こう。

そう決めています。

今日はとても寒いです。

皆様が、どうか午後の時間を健やかに過ごされますよう、山梨よりお祈りしています。

 

 

やさしい大家さん

こんばんは。

この週末は仕事で、月火が連休の予定です。

来週の月曜日は、実に10年以上ぶりに幼馴染を訪ねる予定で、火曜日は月1の通院、平日は何かと用事はありますね。

ところで、私の住むアパートですが、上の階の人が引っ越したのはお話ししましたよね。

年が明けて、3日のこと。

夢ちゃんとお散歩していたら、その部屋の窓が全開だったんです。

私は想像しました。

《もしや、においがキツくて空気を入れ替えているのでは…》

お正月気分も無くなってきた頃、工事の車を見かける事が多くなりました。

私は、暮れに三男の車を停めるスペースを確保してくれた大家さんにお礼をしたかったので、お菓子でも送ろうかと考えていました。

三男の車を停めた場所に、大家さんの住む地域のナンバーの車が停まっていました。

私はキャンピングカーに全然詳しくないのですが、多分キャブコンと言われるタイプの様で、無知な私でも、いいものだと1000万近く近くする車では❓と思う様な車です。小学生くらいのお子さんがいらっしゃる様だし、そういう車は持っていると想像でき、部屋の改装の為に来て車で寝泊まりしているのかもしれない。

20日に病院の後13時頃に帰宅したら、まだ車が停まっていました。

私の中で《大家さんが来ているのに間違いない》という確信みたいな物があったので、車から降りず、そのまま勤務先に向かってお菓子を買う事にしました。 

送るよりも渡した方が早いし、お礼も直接言える、しかも送料も節約できます^_^

中々適当なのが無くて、季節がらバレンタインのチョコレートがたくさん並んでいるので、

これで良いや、と速攻購入。

家に着き車を停めたら、3階に直行しました。

部屋のドアは開いていて、作業する音が聞こえました。

「スミマセン」と呼んだら

ニコニコした大家さん登場。

ヤッタァ、私の勘は的中でした。

まず、暮れに車を停めさせてもらったお礼を言いました。

「中へどうぞ」と言ってくれて

3階の間取りには興味津々だった私は、超笑顔で中に入れてもらいました。

「間取り、知りたかったんです」と言った私に、色々説明してくれました。

私の部屋の玄関とベランダ側の4畳半の部屋の真上には4畳半の部屋が2部屋縦に並んでいました。

その右隣が狭い台所で、玄関のすぐ右側がトイレとお風呂。2階よりはだいぶ狭いし、間取りも全く違っていました。

話しながらも、ツンと鼻をつくにおいが…

アンモニア臭です。

大家さんは淡々と「だいぶにおいがキツくて、ファブリーズは10本くらい使いました。お香も炊いたりしたんですが、火災報知器が鳴って大変でした」

話しながら目線を畳に向けると、黒いシミがいくつかあって、これはワンちゃんのオシッコの様です。

「年明けに一日中窓が開いていたのは、空気を入れ替えて臭いを抜く為でしたか?」

と言葉に

「そうなんです…」

思い起こせば、私が帰宅するとこの部屋の窓からぬいぐるみみたいな姿で外を見ていたのは…ワンちゃんだったのかも。

飼い主が居る時には部屋の中ではケージから出されていたのか。

「犬の他に猫も居たんです…」

大家さんは話を続けます。襖なども破られていた様です。

「あの…私は結構臭いに敏感なんですが、まだにおいますね、ツンとしたにおいがします」

言ってしまってから、大家さんがこんなに努力したのに…と後悔しました。

大家さんは笑顔でしたが。

大家さんがこんなに大変なのだとしみじみ思いました。

入居する人がどんな人か、見抜く事は出来ませんよね。今回3階に居た人達は、ゴミの出し方からして非常識だったので、生活面でもそうだったという事ですね。

しかし、襖から壁紙、畳も変えるとなると大変です。凄い金額になると思いました。

三男が大学の頃住んだアパートを退去の時には、たしか3万円か、そのくらいの支払いで済んだと思います。

三男はタバコも吸わないので壁紙も綺麗で問題なく、キッチンも私がシンクのサビとか必死で取ったのでピカピカでした。

大家さんには、突っ込んだ質問はできないので

私としては、チョコレートも渡せて、感謝の気持ちは伝わったと思うので、早々に失礼しました。

上の間取りを見る事が出来たのはラッキーでした^_^

23日までかかると言っていたけれど、大家さん頑張って、心で応援する私でした。

動物も人も、体臭ってありますよね。

あの部屋のにおいは、そういう体臭的なものよりも、アンモニア臭でしたね。

染みついたにおいは強敵だ❗️

散々におい消しに頑張ったのに、私に

「まだにおう」なんて言われて、大家さんショックだったろうか…

でも、初めて来た第三者の意見は重要だとも思いました。ずっとそこで作業していると、その臭いに慣れてしまって最初のインパクトが無くなってしまう事も有りますよね。

しかも、内覧の時ににおいがしたら、その時点で借りないですよね。

大家さん、良い人なのにかわいそう…

自分も、大家さんに迷惑をかけない様に、汚れを溜めないように気を付けて生活しようと、改めて思いました。

夢ちゃんだって、いつまでも今のように元気ではないだろう。

介護が必要になった時、どのように対処するのか…でも、その頃って、私も仕事をリタイアしているかもしれないので、ずっと、ずっと一緒にいられる。

ひとつひとつの事に時間がかかっても、きっと出来るだろう。

今の自分は、その時に自分ができることを精一杯やればいいんだって、覚悟みたいなものが生まれ始めています。

怖いもの知らずの若い頃とは違った、またそれも強さなのかもしれません。

これからも2人5脚ですね❣️ 

 

今日はこちらはとても冷え込んでいます。

私は18時過ぎまでの勤務で、帰宅したら3階の部屋の灯りはついていました。

でも、しみじみ思いましたが、こううい事があるので、ペット可という賃貸物件は少ないんでしょうね。やはり、貸す側の大変さを目の当たりにしたので。

今日は写真が無いので、急いで夢ちゃんの写真を撮りました。

ささみのおかわりを要求して、待たされて拗ねた姿。

「ねえこっち向いて」 

私の呼びかけに

「ゆめは、しらないよ」 

私の膝の上で知らんぷり。  

実は、こんな夢ちゃんを、私は割と好きです^_^

 

明日ですが、早番です。 

先ほど、雪が舞っていたので、天候が気になるので早く休みますね。

それでは、みなさま、明日もいい日になりますように。

 

どうしたらいいのか困っている事

三連休の後、昨日出勤して、今日から2連休です。

お休みが多くなり、最初の頃は体がついていかない(それ、贅沢な話ですよね)感じでしたが、今は…どっぷりとハマっています。

人って、楽な方に行ってしまうと、もう抜けられない…抜け出すのは難しいかも。

もう私が今までの様に勤務する事は無いだろうけれど、その与えられた時間を有効に使える自分になりたいと思っています。

今も、夜眠る前に頭の中は色々な物語が駆け巡っています。

それを文字に起こすことが中々出来ないでいる私です。 

 

お仕事の話になるのですが、これは、或る個人を批判する様に受け止められてしまう可能性が有るので、記事にするのは迷い続けていたのですが、このままではいけないと思い、皆様のご意見を聞きたいと思ったのです。

 

それは、勤務先のお客様のお話です。

飲食店を経営していて、もう何年も、ほぼ毎日買い物に来ている方。

最初その人の不正に気付いたのはもう何年も前の事。

もやしをいつも大量に購入するので、顔見知りということで、担当の人がダンボールに入れて用意してくれているんです。

メモ書きが添えてあります。

❎(かける)30とか。

状況で、お客様自身がいくつですという事も有ります。

ある時1人のパートの女性が、申告した数と、その量に違和感を感じたんです。

メモも添えてありました。

それで「ちょっと数えて良いですか❓」と言って数えたところ、申告した数よりも10個も多く入っていたんです。

最初から数えればいいだろう、というご意見もあるかと思います。

大量で購入する殆どのお客様は、事前に注文してくれるので、担当者が持ってきて支払いもスムーズです。

一定の商品を毎日大量に購入する方は複数居るので、その都度数えるのは他のお客様を待たせる事にもなってしまいます。

なので、信頼関係で成り立っていたんですよね。

ずっとそうやってきたのかと、疑ってしまいますよね。1日200円でも、1ヶ月だと6000円です。

その人はそれだけでは終わらず

買い物した商品を詰めるスペースにビニールの袋がセットしてありますよね。

汁物とかお肉とか、それに入れると思うのですが、或る日、その人の旦那さんがそれをロールごと外して持っていってしまったんです。

それ以前にも無くなることがよくありました。

私ともう1人のパートさんが偶々手が空いていたので駐車場まで行って声をかけました。

「そちらは備品なので、持っていかれるのは困ります。必要な分だけお願いします」と言って返してもらいましたが、それ以降も定期的に無くなりました。

ついこの前、私のレジを通った後、その人の行った場所のロールは又取られていました。

通算したら、多分すごい数取られてますね。何十個か…私は発注しているので価格は分かるのですが、ひとつ1000円以上するんです。

使いかけとはいえ、お店の損失は大きいです。

保冷用の氷は、それも必要な分だけとお願いしているのですが、大きな袋に入れて持っていきます。 

 

昨日ですが、開店後の1時間、私ともう1人で2人だけでした。

その人は、そういう人が薄い時を狙います。

私達は「又持っていかれるのではないか」と思いながら仕事をするのはストレスです。

時間を作って、開店前にビニールの紐で縛って固定しました。

10時過ぎにやってきたその人は、他の人が見ていたのですが、全部のビニールの状態を目で確認していたようです。取らずに帰って行きました。

 

人の、物事に対する意識というのは多少の違いはありますよね。

物を取るという行為を何とも感じない人も居るんですね。 

もう随分前に、Aという芸能人の女性が

「昔仲間と、或る店で万引きを繰り返して、その店は潰れしまった」と告白していました。

有名人になっている現在にそれを告白するというのは、悪い事という認識が無かったからですよね。

驚きでした。  世間の反応に、自分のした事に気付いたとは思いますが。

 

文章は怖い部分も有ります。

自分の状況を素直に書いたつもりが

《悪口を言っている》

《天は見ている》

などとコメントをいただいたことは今でもトラウマで、未だにコメント欄を開く事は出来ないでいます。誤解もあったと思いますが、物事の伝わり方は、受け手の感性も違っているので微妙な部分は多いと思います。

今回、この記事を書くのも悩みました。

けれど、このままではいけないと思い、皆様のご意見を頂きたかったのも事実なんです。

勤務先の上司は、「次に持っていったら警察に言います」そこまで伝えても持って行ってしまう現状なんです。

ちなみに、その人は日本人ではありません。

日本語は堪能です。

 

朝から、ちょっと重いお話で申し訳ありませんでした。

明後日も、元気で仕事に行くために、今日はゆっくりしますね^_^

もう7時になってしまいます。

外はもう明るい。

仕事の日は、目覚めた時は真っ暗です。

7時でも十分早いのに、なんかちょっと後ろめたく思ってしまう。

やはり私は、いつも馬車馬のように働くのが向いているのかもしれませんね。

でも、それは頭の中だけの思いであって、もう体はついて行きません。

今朝は、ゆっくり入浴して、お腹に優しいココアを飲んで、夢ちゃんと長めのお散歩に行きたいと思います。

これは昨日の

7時29分

富士山は見えなかったので朝日だけ撮りました。

みなさま、最後までお付き合いくださりありがとうございました。

今日もいい日になりますように。

 

 

 

 

 

ふたりの鍋

こんばんは。

今日は仕事でしたが、明日から2連休です。

朝出勤したら日曜日が有休になるとメモ書きが有り(有休消化の為)土曜日出勤したら3連休かなんて思っていたら…レジの人の旦那さんがコロナ陽性になってしまい、濃厚接触者という事で出勤できなくなってしまったんです。

上司は、申し訳なさそうに「日曜日だけど」と話し始めたので

「感染は他人事で無いので、日曜日、元々仕事なので全然大丈夫です」と伝えて、幻の有給となったのでした。

今日は早番だったので16時に仕事を終えて、買い物して帰宅、お散歩も済ませて入浴した時まだ18時前でした。

こんな時間にお風呂に入れるなんて

《しあわせだなぁ》

夕食のメニューは、朝起きた時に決めていました。

白菜が余っていたので、ミルフィーユ鍋にしようと閃いたんです。 

普通は豚バラ肉ですよね。

帰りに買い物をしたところ、ロース肉が値引きになっていたのでそっちにしました。

私は豚バラは脂が多いのであまり好きではないんですよね…

加熱する前のミルフィーユ鍋です。

真ん中は、夢ちゃんの鶏肉の肉団子です。

右手に有りますのは…風呂上がりで喉が渇いてしまったのでビールを🍺

火が通りました。

アツアツです。

いつしかビールが焼酎を炭酸で割ったのに代わっています^_^

焼酎と言っても、私はグラスに1センチくらいしか入れないので、炭酸メインなんです。

夢ちゃんには、ドライフードも混ぜてあげました。

なんと、ふたりで完食してしまいました。

レシピでは、白だしと料理酒など入れるのですが、私は蒸留水だけでした。

夢ちゃんと同じ物を食べる時には味付けは出来ません。でも、凄く美味しかったです。

白菜も柔らかくて、お肉の旨みが染み込んでいました。

ポン酢で食べて、ご飯は炊かなかったので、お餅を焼いて入れました。

満足な夕食でした。

今こうしている時、夢ちゃんはまだ食べたそうですが…食べ過ぎ注意。

「もう無いよ、明日ね」

と伝えましたが、背中を向けて首をポリポリしてます。

「ババァ、おかわりは💢」

なんて言ってたら号泣する私です。

そんな事呟いているうちに、もう寝てしまいました。背中が満足そうです^_^

アングルで、背中があまりにも立派に見えますが、最近の夢ちゃんは少し体重も落ちてきたように思います。

夢ちゃん、今日は美味しかったね。 

ミルフィーユ鍋やろうね。

そう呟いた私でした。

 

実は、昨日階段で打ってしまった膝が痛んで、歩くのにもギクシャクしてしまうんです。

明日は引きこもる予定です。

自分と、夢ちゃんだけの時間。

幸せなのだと、改めて思いました。

みなさま、いつもお付き合いくださりありがとうございます。

明日も、いい日になりますように。

 

 

夢ちゃんの心配

おはようございます。 

15日から三連休です。

昨日は、弟と兄と墓参りに行ってきました。

11時に約束をしたので、それに間に合う様に昼食を作りました。

先日から、土鍋ご飯にチャレンジしていて、ネットで検索してやったのですが、2回失敗しました。

1度目はあさりの炊き込みご飯をやったのですが、ふっくらとは程遠く、あさりも焦げたりしてしまったんです。

2回目は、お米だけで炊きましたが

火加減の調節がうまくいかず、水分が早く無くなってしまい少し硬めになってしまったんです。

今回、料理人が作る土鍋ご飯というのを検索して、より慎重に作りました。

お米は2、5合にしました。

これには理由があって、わたしの土鍋は7号サイズで2〜3人用なんです。

2合だと、弟はよく食べるので少ないと感じたけれど、土鍋の大きさ的に3合は無理かなと思い苦肉の策です。

水の量は2合で450c cなので計算して2、5合だと562、5 c cでやってみました。

別容器で1時間ほど水に浸して、土鍋に米と分量の水を入れます。水は、職場にあるピュアウォーターで入れた浄化水にしました。

○ 中火にかけて、8分〜10分かけて沸騰させます。(ここが重要らしいです)

○沸騰したら弱火にして、11分から13分

○水分が無くなったら蓋を開け確認。

    開けた事で温度が下がるので、再度蓋をし10数えて強火で加熱する。

○火を止めたら10分蒸らす。

 

これで終わりです。

実家まで持っていくので、タオルでくるんで段ボールに入れておきました。

その時間が10時頃。

墓参りをして実家に戻った時は12時前

2時間近く経っていましたが、食べた時にはほかほかご飯でした。

今回は大成功。

時間を確認しながら目が離せませんが、土鍋ご飯にハマってしまいそうです。

炊飯器のご飯とは全然違いましたね。

おこげも少しあって、優しい炊き上がりでした。

今度は釜めしにチャレンジしてみようかなと思っています。

土鍋は、各家庭で違っているので、レシピ通りでもうまくいかない場合もあります。

自宅の土鍋の炊き上がりを知る為には、1回は失敗してしまうかもしれないですね。

 

そして、昨日のおかずですが、前日に豚の肩ロースのブロック肉を煮込んでおきました。

味付けは、酒、みりん、砂糖、生姜も入れました。

自分のオリジナルなので、調味料の分量は適当です^_^

煮込み時間は短かったですが、一晩おく事で味が結構染み込んでいました。

ゆで卵もその時に加えておきました。

朝再加熱しました。

もう一品は、豚バラ白菜です。

これは市販の物を使いました。

バラ肉でなく、これもロースにしました。

肉ばかりになってしまったので、あとはサラダを加えた昼食でした。

予想通り、土鍋ご飯は完食でした^_^

朝から忙しかったですが、人の為に食事を作るのも結構張り合いのある事なんだと思いました。

これが毎日のことになってしまうと、勝手な物で嫌気がさしてしまうのかもしれないですが、こんな風に偶にだと

「何を作ったら喜んでもらえるかな❓」とか考えるのは楽しいです。

お墓参りは、この時期は訪れる人は少なくなってきている様でした。

枯れた花が目立ちました。

雨になってしまいましたが、傘をさすほどではなく、しっとり衣服が湿ってしまう感じの降りだったので、三箇所のお墓参りを無事に終える事ができました。

  

私の常で、こういう日は帰宅後にどっと疲れがやってきます。

洋服に付いたお線香の匂いも気になり、15時頃に入浴して着替えました。

お散歩も早めに行き、夜はゆっくり過ごしました。

 

夢ちゃんには、朝作った時の味付け前のお肉をあげたり、新たにささみを茹でてあげたのでご機嫌でした。

昨日の朝ですが、目覚めたらすぐ近くに顔が有ったので写真に撮る事が出来たんです。

こんな寝姿は普段は見れないですね。

気配で目を開いてしまいましたが、寝ています。

寝息を立ててました^_^

でも、暫くすると

まさしく《柴ドリル》

夢ちゃん、ごめんね。

こんなに気持ちよく寝ていたのにね。

安眠妨害のお母さんでした。

 

そして今朝。 目覚ましに使っている携帯の充電が必要だったのにしませんでした。

なので今朝は目覚ましは鳴らず、6時半に目覚めた時、やはり夢ちゃんの背中が顔の前に有りました。

今日は何にもしない日と決めていたので、私は夢ちゃんの背中に顔をくっつけました。

「トクン トクン」

心臓の音が規則正しく聞こえます。

やさしい音。

ドキドキしてないから、夢ちゃんはくつろいでいる❓

それでも、私が決まった時間に起きないのは心配だろう…

やはり、毎朝5時過ぎに起きるのが良いようです。

自分の体のリズムの為にもそうだろうし、何より

「おかあちゃんがおきない」

と夢ちゃんに思わせたくない。

実際、私が起きたらもう近くに移動しているから。

こんな風に、夢ちゃんの優しさに支えられながら、私の一日は始まります。

こちらは、今日も明日も雨予報です。

中々富士山の写真は撮れません。

みなさまの元も雨でしょうか。

又一週間が始まります。 

良い一日なりますように。