JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

落ち込んだり、嬉しかったり

今日も天候は良くなかったけれど、傘無しでも歩けるので助かりました。夢ちゃんとの散歩も楽しく出来ました。f:id:JunchanObachan:20171020222257j:plain今日は消火栓の前でパチリ。

夢と葉っぱと消火栓…です。f:id:JunchanObachan:20171020222409j:plain夢ちゃんは顔が濡れると黒っぽくなります。 

お散歩楽しかったね。

少し遅く行ったリハビリも、思いの外空いていて、さほど待たずに2つの治療を終え、後はウォーターベッドとマッサージチェアです。マッサージチェアの方は2回やってしまいました。

でもそこには注意書きが有って、30分以上はやらないで下さいって。

炎症を起こしたりするみたいです。

何事もやり過ぎは良くないってことですね。

少しゆっくりした後は、三男の所に行くので簡単な物を作り始めました。

クックパッドで炊飯器でふろふき大根が出来ると有ったので、早速作りました。

昨日は大根が安かったんです。

急いでいたので適当。

炊飯器に面取りした大根が浸るくらいに水を入れ、つゆ、和風だしを入れて炊飯のスイッチを入れるだけ。

その間に、唐揚げとスパゲティを作りました。

何だかメニューがバラバラ。

というのは、三男の所に行く前に、実家の母に届けようと思っていたのでふろふき大根になったんです。大根の上に乗せる肉味噌も作りました。

夢ちゃんの散歩も済ませていざ出発。

1時間あまりの車中では、普段会話も少なくなっている長男と色々話せました。

しかし、今日は話がシビアになってしまい、普段は不満を言わない長男から本音を聞くこととなってしまいました。

早く言ってしまえば、私とこの家が重荷だという事。ハッキリとは言いません、けれど

「他の2人にも家の事をもっと考えるようお母さんから言って欲しい」

これは精一杯の長男の言い分だったのでしょう。

私はその言葉を聞いて、自分がまだそれ程の年齢ではないにしても、段々子供達に親の面倒は誰がみるみたいな話をされてしまう身になる日もいつかは来るのだ、と実感してしまいました。

長男の視点から見たら、家を出て帰って来ない次男に助けて欲しいと思う気持ちも強いのだと思います。 

次男は小さな頃から苦しんできて、高校生になって自力で乗り越えたのです。

次男の苦しみとは、小さな頃から家族以外と会話をしなくて、それが原因の一部にはなったと思うのですがいじめに合いました。

教育委員会にも相談しました。

次男の意思はとても強く「辛かったら休んでみる❓」という私の言葉にも首を振り学校に行き続けました。

今は県外で働いています。

正直、一番心配です。そして長男の気持ちも分かります。 

でも、今の私は人から甘い親だと思われでもいい、次男が元気で、そして自分の一番良い所を失わず頑張って欲しい、それだけを願っています。次男は物静かで優しく、とても思慮深い子です。見た目は目が切れ長なので内面とは違う印象を受けるかもしれませんが。

私が兄弟の争いの元になるのは考えもしなかった事だけれど(今争いが有るわけでは有りません)介護施設で働いている長男はそんな御家族を目の当たりに見ているのでしょう。だからそんな言葉も出たんだと思うし、それに結婚も近いとなると尚更です。

いよいよ私は腹をくくらなければ。

落ち込んでなどいられません。

人間、期限を切らないと中々動き出せないものです。

でも、体がこんな状態なので無理は出来ませんが、年内には夢ちゃんとの2人暮らしの青写真だけでも作らなきゃ。

先ずは、元気になる事が第一ですね。

そして、自立して楽しく一人で生きていく。 


長男は、そんな話をした後ポツリと

「でも、今の自分が有るのは、二十歳のあの時、病気で仕事も行けなくなった自分を下の2人も小さかったのに昼も夜も働いて、そして見守り続けていてくれたからだよ。それが今の自分に繋がっている訳だから、あの時、お母さん大変だったと思う」

私は何も答えられませんでした。


そして三男と会って食事をして、私の新車を見てもらったり、楽しい時間は直ぐに過ぎてしまいました。

いつまでも子供達を独占する事は出来ません。みんな巣立ちます。

そんな思いを胸に今日は締めくくりたいと思います。こんな私に、夢ちゃんはピッタリくっついています。

こらからもよろしくね、夢ちゃん。





今朝の夢ちゃん

昨夜の夕食ですが、夢ちゃんと2人でした。

私は唐揚げとサラダ、そしてキャベツと卵を炒めたのですが、味をつける前の物を夢ちゃんに分けました。

若干半ナマかな❓という気がしたけれど、それに炊きたてのご飯を混ぜれば丁度良くなると思ってました。

夢ちゃんは完食。

でも、私にはひとつの心配が…


その心配はさっきの夢ちゃんの行動で現実のものとなりました。

10時出勤だし、相変わらず首、腕、腰が痛いので少しのんびりしていた所

まず、廊下を気にし出しています。

これは外に行きたい時も同じ事をするので

様子を見ます。

私がスルーしていると気付くと近付いて自分の存在をアピールします。

そして、そして、私がナデナデしようと手を出した瞬間に、遊びを仕掛ける時よりも早い動作でピョンピョン

「おかあさん、でちゃう、でちゃうよ」

急いでカッパを着て出かけたのでした。 

「ゴメンね夢ちゃん、きっとそうなるって分かっていたのに。」

そう呟く視線の先にはf:id:JunchanObachan:20171019194326j:plain「おかげさまでスッキリしました」

何事も無いような夢ちゃんが居ました。

私もお前のようになりたいよ。

夢ちゃんを見ると、自分が恥ずかしくなる事が有ります。

冷たい雨ですが、皆様も体調気を付けて下さいね。


青空に包まれて

朝目覚めた時に日差しを感じてとても良い一日の始まりでした。

散歩の途中、久しぶりに小鳥達のさえずりを聞きました。

良いなぁ、こんな朝。f:id:JunchanObachan:20171018205750j:plain最近、マンホールの記事を書かれている人が結構いらっしゃると知りました。

それで今日は撮ろうと思って.…

夢ちゃんはお尻で申し訳ありません。

いつもの散歩ができたのが嬉しくて、終始テンション高めでした。f:id:JunchanObachan:20171018210025j:plain富士山もこんな姿を見せてくれました。

秋の風に吹かれ青空の下、今日は夢ちゃん共々幸せな日でした。

雨が止んだら

ここ数日の私は、体と心は密着した関係なんだと思い知った感じです。

怖いもの知らずの若い頃は、多少熱が有ったってスポーツしたりカラオケに行ったり、今思えば無謀だったなぁと思います。

年齢と共に、スッキリ体が軽いなんていう日は無くなる気がします。

今はリハビリに通う日々で、年配の方の多いこと。椅子に座って首輪引っ張ったり、電気を当てたり、常に混んでいます。

私の場合は事故だったので、自分の中で期限付きみたいな感覚でいたけれど、最近の不調を思うと心も沈んできます。

今日は40分間AKAの治療をしてもらっても、その時は痛みが薄れても直ぐに戻ってしまいます。

療法士の先生に唯一褒められたのが「肩の関節が柔らかいですね」

これって何が良いのかは分からないけど、自分なりに褒め言葉と受け止めました。

そして左の二の腕の痛みが一番強いと言ったら、先生は骨盤の滑りを良くする様な感じで優しく骨盤を引っ張ったり押したりするのです。それは凄く優しい感じで。

そして寝たままの私に「左手を上げてみて下さい」

そして上げると、腕の痛みが和らいでいるのです。痛い所では無くて、別の関節を治療して治るなんて不思議です。

中々良くならないのは、仕事で腕を使っているのも原因の一つと言われました。

整形外科の主治医の先生は「気にしないでどんどんやって良いよ」と言っていたけれど、使う感覚も人によって違うので、私はもしかしたら無理をしていたのかもしれません。

動き出さなきゃ始まらないし、かと言ってやり過ぎたら痛みが出てしまう。

難しい…

そんな感じで気分も沈んでしまった最近の私。

夕方、予報通りに雨が降る止みました。

それでも天気は良くないのでいつもより暗くなるのも早いです。

夢ちゃんは私の動きに敏感。

リードを持って来るともう跳ねています。

歩いていると雨がポツポツしてきました。

でも大丈夫。f:id:JunchanObachan:20171017183222j:plain首もちょっと重いけど、夢ちゃんと一緒なら楽しい。f:id:JunchanObachan:20171017183439j:plainいつも歩いている場所も、今日の天気ではこんな幻想的な風景へと変わります。

夢ちゃんが居るから見ることが出来ました。


雨は…散歩も出来ないし好きではないと思う気持ちも強いけれど

でも、恵みの雨でも有ります。

必要なもの。

でも、今の私は、自分の中に降る長い雨がやむ日を待っている、そんな気持ちです。

雨が続いて退屈な夢ちゃん

今日の天気予報では師走の陽気だと言っていたような…

そういう風に知ってしまうと益々寒く感じてしまった今日1日でした。 以前から《陽気を食う》という言葉をよく聞きました。

自分自身では使った事は無くて、そして今回リハビリしながら生活している私が、聞かれたので「ちょっと不調なんです」と答えたら

「陽気を食うからね」  

何人にも言われました。

天候が影響する、という事なんですね。

大体使うのは年配の人が多い気がします。

高校生くらいの子が「ちょっと節々が痛くて、陽気を食ったのかな❓」なんて言ってたら違和感あり過ぎ。

今までの自分の体験では、あまり深くそういう事を感じた事は無かったですが、今回はそうなのかな❓と思ってしまうような体調です。

左腕はリハビリしているにも関わらず痛みが増してきています。

そして腰は、左側だけの痛みだったのが全体に痛くなってきたし、首は重苦しい。

流石に昨日は憂鬱になりました。

でも、先週の水曜日から長時間の勤務になったので、体の負担がダブルで来てしまったのかもしれませんね。

そんな中、夢ちゃんだけは元気印。f:id:JunchanObachan:20171016220335j:plainでも、雨が降るとつまんない。

雨でも朝晩必ず外には出ます。

けれど時間は短く、いつもの散歩の様にはできないから。

不完全燃焼な夢ちゃん。

私が帰宅して玄関で呼んだら、何度も何度も「ワン❗️ワン❗️」

「お母さん、行こう、行こうよ」

絶対そう言ってる。

でも、ごめんね、雨で見通しも悪く危ないしそして濡れるから。

帰宅して、お腹いっぱいになったら

夢ちゃんは私に仕掛けてきました。f:id:JunchanObachan:20171016223222p:plain「おかあさん、あそぼう、あそぼうよ」

オモチャをくわえる夢ちゃんの姿は、盆正月くらいの確率です。

f:id:JunchanObachan:20171016223505j:plainしかし…

数分で真顔に戻ってしまう夢ちゃんでした。

焦ってはいけないけれど、なるべく早めに良くなって夢ちゃんと相撲でもとりたい私です。

ふたつの口癖

最近私は自分の口癖について感じる事が有りました。

ひとつ目は昨日の事。

天気が悪かったので夢ちゃんの散歩もいつもより足が汚れます。お風呂場で念入りに洗ってから、夢ちゃんは居間までまっしぐらに走って行きます。

拭くのが間に合わない事が多くて、居間で足をフキフキ。

昨日はティシュで拭きました。そのまま捨てられるし。所がそのティッシュを捨て忘れた一瞬の隙に、夢ちゃんはそれを噛んでしまったんです。

気付いたら座布団の上にボロボロのティッシュが。

咄嗟に私は夢ちゃんの鼻の前にティシュを持って行き「これなぁに❓💢」

叱っている感じに言いました。

夢ちゃんはいけない事をしたと直ぐに気付いて、上目遣いに私を見つめ悲しそうな顔をしました。

デジャブというか、私は随分前に誰かに同じ事を言っていた。

そう…先代のムクがティッシュを噛んだ時に言ったっけ。その時のムクのリアクションは逆ギレ的な感じで、歯茎を出して私にウ〜と繰り返したっけ。

私はそれが叱る時の口癖で、あの子達が居なくなってから封印するつもりなど無くても、相手を失って言葉も無くしていたのです。

あの子達が居たその時間の中で、数々の言葉が刻まれて、そして私の記憶の中に埋もれていた。それらが凄く大切な時間だったと、改めて知りました。

そして夢ちゃんは、大人になってから出会ったからかもしれないけれど、悪戯をしない子です。

昨日の上目遣いの目は、ちょっと不憫にも感じます。私に逆ギレしてみて、何て思うけど、きっと夢ちゃんは

「そんなのめんどくさい、する必要もないし」何て淡々としてるのかもしれませんね。


そして、もうひとつの口癖は…

「ちくしょー」です。

小梅太夫みたいな感じです。おどけていう感じですね。

先日、リハビリの為に駅ビルに入った所、エレベーターがタッチの差で上に行ってしまいました。

私の後ろには誰も居なかったので

「チックショー」 

蚊の鳴くような声で言い終えた時に後ろに気配が。

カオナシみたいな雰囲気の方が立っていました。音も立てずにいつの間に来たんだろう。

そんな事はどうでもいい、恥ずかしさに振り向くことが出来なかった私です。

長男にこの恥ずかしい出来事を話した時に、長男は何にも言いませんでした。

けれど私は、長男が考えていた事が分かる気がします。

「お母さん、普段家で当たり前に使っていると公共の場所に出た時に素のままで出てしまうものだから気をつけた方がいいって、俺、前にも言ったよな」

多分そう思っていました😓


哀しい口癖、恥ずかしい口癖でした。



雨の金曜日

真夏日が続いた後、今日の寒さはこたえます。

それでも朝の散歩は小雨程度だったのでお散歩も問題無く終了。

雨音の激しくなった今は、いつ行こうか悩みます。f:id:JunchanObachan:20171013162303j:plain昨日の朝、富士山は雲を被っていました。

富士山の雨予報、高い確率で当たります。

これはパノラマで撮ったのですが、やはり手動だとこんな感じになってしまいました。f:id:JunchanObachan:20171013162507j:plain久しぶりにこの場所で撮りました。夢ちゃんが横を向くのはもう日常です。

お休みでしたがAKAの治療と、心臓の方の通院、そして姉と母の所に行って帰宅したのは14時前くらいです。

1日もあっという間に過ぎてしまう。

この週末はずっと雨予報。

勤務先では土曜日、月曜日が特に忙しいのです。土曜日の理由は、県外からのお客様がバーベキューとかするので大量に買い物をされます。観光客が半分を占める感じです。

そして日曜日は。広告の売り出しで早朝地元の人で混みますが、観光客の人は帰るので土曜日ほどの混雑は有りません。

そして月曜日が忙しい理由は、観光客の多い日曜日の買い物を避けた地元の方が買い出しに来るのです。

それと、これは雪の降る地域のアルアルだと思うのですが、雪の予報に《超》が付くほど敏感です。

例えば午後から雪と予報が出たら、午前中は恐ろしく混みます。降る前に買い物を済まそう、そういう心理が働くのでしょう。

この週末はずっと長時間の勤務。希望しなければ土日は仕事になるので、来月は週末は少し希望休を取ろうかと考えている私です。

と、言うのは、腕と腰の痛みが強くなってしまって💧💧

AKAの先生に相談した所、痛い所は使い過ぎは良くないと言われました。

昨日と一昨日、カゴもせっせと片付け過ぎた、皆様の「程々に」の忠告を忘れた訳ではなかったのに…

これからは、週に3回以上はリハビリに行く、腕とか傷んだ場合は痛む作業はしないようにする、肝に命じます。


そして、AKAの治療ですが、最初に診てもらった療法士の先生がずっと担当になります。20代のその先生はちょっと私の今まで出会った事のないタイプ。

イケメンとそうじゃないに分けたらイケメン寄りですが、観察力が鋭いと言うか…

前に私が待っている時に隣に来たおじいさんが「初めてなので分かりません、ここで待っていれば良いですか❓」と聞いて来たので

「そうです、担当の人が声をかけてくれるので、その時に予約の紙を渡せば大丈夫ですよ」と話していたら

「さっき話していた人は知り合いですか」

と聞くので、初めてなので分からないと聞かれたと答えたら「なるほど」

或る日はビーズの付いた靴下を履いて行ったら「こんな所にビーズがついてますよ」とか

今日は「犬は座敷犬ですか?服に毛が付いてますよ、あっ❗️からまってます」などなど。

穏やかな口調で淡々と話すので、感じ悪いとかでは無いし、せっせとマッサージをするので気まずくならないようにトークをしてくれているのだと思いますが、結構ストレート。

私も反省点が有って、今日の服装はモコモコした服だったので出かける前のコロコロ(毛をとるやつ)も適当だった。

「すみません、取ったつもりでいたんですが」とお詫びをしたら、別に気にしている風も無く笑顔で淡々としていました。

私は自分が人に対してストレートに言う事が出来ないので、そんな風に疑問に思う感じた事を言葉にするのは新鮮な気もします。

きっと裏表の無い人なんだと思います。

いつまで通院が続くかは分かりませんが、次に会った時は

「今日は毛は大丈夫ですか❓」って言ってみようかな。


こんな風にしている今も、雨は降り続きます。治療の後のもみ返しなのか、背中も痛くなって気分も沈んで来ますが、続けていれば絶対に良くなると信じて行きたいと思います。

寒暖差は色々な不調を招くと思います。

皆様も、くれぐれもお身体大切にして下さいね。