JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

機種変とドライブレコーダー

先週の休み、私は三男と一緒にドライブレコーダーの設置とiPhoneの機種変をしてきました。

あなじ所で、です。

そこは三男の勤務先のグループ企業で、そこを利用する年間のノルマみたいなものが有るんです。

その為2人で行ってきました。

私が一緒に行けば三男のポイントになるし、私はひとりで機種変の際のバックアップが出来ないので、まさに渡りに船なのです。

でも、三男は私に頼らなくても、例えばオイル交換とかマメにしていればポイントはこなせるのだろうし、わざわざその為に私を迎えに来るのは三男の優しさなのだと自覚しています。f:id:JunchanObachan:20190217174323j:plainiPhone X R、キラキラのケースはノジマさんで購入しました。

そこは県の中心部にある為に、三男は此処に戻ってから又アパートに引き返したのでした。

一日に2往復もさせてしまった。

ドライブレコーダーを設置する前の会話。

「お母さんね、この前おばちゃんちの庭から右折で出る時に、目の前に車を停められて(おばさん)信号が変わるまで出られなくなって小さな声で「チクショー」って言っちゃった。ねぇ、ドライブレコーダー付けたらそんな声録音されちゃうよね❓」

いつも冷静な三男が、運転しながら笑っていました。きっとその光景を想像したのかな。

「録音しないように出来るから、あとでやってあげるよ」

品のないお母さんですみません。

次の日のこと

早々にそのドライブレコーダーは活躍をしてくれました。

仕事の後の帰宅途中。お年寄りのマークをつけている前の車、普通に右折するのにも乗り上げていたりしたので注意はしてたんです。信号が青になり発進後に急に止まってしまい、私は急ブレーキ、車の車内の警告音が鳴り響きました。

まだレコーダーは再生してないですが。

あーぶつからなくて良かった。

それ以降、私は常に自分に言い聞かせて運転しています。

「黄色、止まりま〜す」「歩行者確認」「あの車、赤で行っちゃった」などなど。でも、人への批判めいた言葉は言わないようにしようと思います。


今日ですが、日曜日ですがお休みを取っていました。腰から下の痛みが芳しくなく家事のみしてゆっくりしてしまいました。

幸いな事に、歩くのは大丈夫なんです。

なので朝のお散歩は長めに行って来ました。

私の行動から(ダラダラしている)夢ちゃんは今日が仕事休みだと気付いています。

いつも曲がる所で

「おかあさん、いいよね❓」

みたいな感じで振り向くので

「夢ちゃん、そうだよ、お休みだものね、遠回りしようね」

途端にリードを強く引っ張って走り出します。

言葉はなくても会話できている、夢ちゃんとはそんな感じ。

昨日は早出の為にいつもより1時間半早く起きました。f:id:JunchanObachan:20190217180953j:plain日の出の頃の散歩もいいものです。

そして富士山の上には大きな雲が有りました。f:id:JunchanObachan:20190217181102j:plain少しくらい痛いところが有っても

夢ちゃんと散歩が出来て、こんな風景を皆さまにお届けする事ができる、それだけで幸せなんだと思います。

日が長くなったとはいえもう真っ暗です。ただ今18時過ぎ。お休みの日は17時台の、暗くなる前にお散歩に行きたかったのですが…

今から頑張って行って来ますね。

私に寄り添っている夢ちゃんは「モッ」って言うと飛び起きます。

三男がおんもをもじって言うようになったら、それに反応するようになったんです。

寒い地方は、発する言葉をなるべく少なくする傾向が有ると聞きました。例えば「食べて」を「け」とか。

此処もそこそこ寒いし、短くて通じたらいいですよね。

では、モッって言って行って来ますね。

いつもありがとうございます。


夢ちゃんとの日々

バレンタインも過ぎましたが、皆さまお変わりないですか❓

私は相変わらず、なんとか過ごしております^_^

バレンタインの時期ですが、もう何度もお話ししたと思うのですが、その頃を境に寒さのピークは終わると父から教えてもらいました。

勿論、昔の人間の父がバレンタインなどとは言いません。丁度同じ頃に私の住む地方では厄地蔵のお祭りがあって、それがひとつの寒さの節目みたいになっているんです。

とはいえ、昨日も今日も寒いです。

お休みの今日は、朝寝坊をしました。

夢ちゃんは、全て分かっている風にじっと待っていてくれました。

10時過ぎに家を出ると、いつもの散歩では通学している小学生たちが、休み時間で校庭で楽しそうに遊んでいました。

2人の小学生の子が、夢ちゃんに気付いて近付いて来ました。

「ねぇ、触っていい?」低学年のその子達は可愛い声で聞いて来ました。

「うん、吠えたりしないから大丈夫だよ。ただね、急にビクッとするからね」

「そうなんだ…ホントだ、ビクってした」f:id:JunchanObachan:20190215111809j:plainいっぱい頭を撫でてもらいました。

夢ちゃん良かったね。

朝寝坊で少し得しました。

夢ちゃんは誰とでも仲良くなれる子なんだなと思いました。

気になった顔の球種❓の様な物も、全部取れました。

今は毛が抜けた状態です。f:id:JunchanObachan:20190215112040j:plain寒くても元気、いつも穏やかな夢ちゃん。f:id:JunchanObachan:20190215151938j:plainお母さんは入浴の後に、湿布を貼ります。

お尻近くの痛みは中々良くなりません。

ネットで調べたら、椎間板ヘルニアから来る坐骨神経痛かもしれません。

そうなると、痛いところに湿布を貼っても改善しないのですが…

つくづく、健康の有り難みを感じる今日この頃です。

ファンヒーターの前で湿布を貼る時に、夢ちゃんはこんな顔をしてじっと見るのです。

「この姿は魔除け❓」

とでも思っているのかな。

からしつこく「大好きだよ」と言うと横を向く夢ちゃん。こんな真顔で見ている姿は貴重です。

自分の気持ちを大切にしたいんだなぁと思います。アピールをされすぎるのは嫌なんだなと。

こんな風に、私と夢ちゃんの時間はゆっくりと流れて行きます。

数々の別れの中で、こんな時間がかけがえのない物なのだと気付かされました。

そして、私は夢ちゃんから沢山のものを貰いました。色々な事を受け流す、嫌なことをされても忘れよう。

でも、悲しみや淋しさは忘れなくていい。

私はいつも出勤の時夢ちゃんには

「さみしいね」と話しかけます。

お互いさみしいものね。

でも、夜には帰ってくる。おいしいものを食べようね。そう思えばお留守番も少し楽しくなるかも。f:id:JunchanObachan:20190215153547j:plain

富士山は、こんな2人をいつも見守ってくれています。

今年は雪が少ないです。

暖かくなる頃には、2人の住まいも変わると思います。

走らなくてもいい、ゆっくり歩いてもきっと新しい場所に行けると思っています。

相変わらずインフルエンザも流行しています。皆様もくれぐれもお体気を付けてくださいね。

さんねんまえ

明日は雪予報です。

東京都心も朝から雪で、積雪予報は23区で5センチ、神奈川は10センチ。

こちらも未明から雪が30%、私が出勤する頃に90%、どうなることやら…

2月は一番寒さが厳しい時期です。

それでも、毎年我が家の風呂場の窓が凍結して氷紋が現れるのが、今年は一度も無いのです。

それだけ暖冬なのかもしれないですが、人は勝手なものです。昨年の寒さに耐えた事など忘れて、今がピークだと言わんばかりの反応。そんなものかもしれないですね。


冬は嫌いではなかった私が、いつしか冬が苦手だと公言して久しい。

何が嫌なの❓

自問自答したら、やはり自分の体の衰えというか、出来ないことが増えた事で辛くなってきてしまったんですね。

冬が織りなす風景はとても幻想的で、冷たくあるようで凛として、自分もそうありたいと思える。


ふと、撮りためた風景を紐解いてみた。f:id:JunchanObachan:20190208210402j:plain母の通院は予約制の為、毎月、雨の日も雪の日もキャンセルする事なく通っていた。

3年前の3月。

その日は雪になった。

通っている総合病院とは離れた調剤薬局が行きつけだった為に、通院の後に5キロほど離れた調剤薬局へ向かった時に撮りました。

「雪がきれいだから撮ってもいい❓」

と母に聞いてから、助手席で待ってもらい撮りました。

その時、確かに母はそこにいました。

私はいつも自分が撮った写真を母に見せていたので、母もこの風景は見ていたと思います。

もう、2つの総合病院も調剤薬局も行く事は無くなりました。

でも、今でも仕事が終わると病院に向かいそうになったり、実家に行くとあのベッドに母が座って待っているような気がしてなりません。

食事制限されていたせいか、焼きそばとかスパゲティとか、医師が勧めない物を食べたがった母。

今でもそれらの食べ物をスーパーで目にすると思い出します。


雪は哀しい思い出でしかないのかな… 

母は夢ちゃんのことをいつも気にかけていました。

「こんな子を捨てる人が居るのか」

口癖のように言っていて

「とても手放せないだろう」

私に言いました。

こんなにずっと側にいたのに、最後の言葉はなんだったのだろうと思います。

テレビドラマのようにはいきません。

母は、昨年末に三男と長男夫婦と共にお見舞いに行った時に、三男に向かって

「親孝行するんだよ」

と言いました。

母の意思のある言葉はそれが最後のような気がします。

そのあと何度も会っていますが、日常の会話だけだったので。

親孝行…

それは、私に対して子供達が楽をさせるようにとかそういう事ではなくて、いつまでもみんな仲良くしなさい、そう言っているように思いました。f:id:JunchanObachan:20190208212244j:plain

そして今、私の側には夢ちゃんがいます。

この写真は、やはり3年前です。

夢ちゃんとは、生きる時間の流れが少し違います。

けれど、いえ、だからこそ、一緒の時間を大切にしていきたいです。

明日のことなんて誰もわからない。

だからこそ、今この時間が大切なのだと思える。

そんな風に思いました。


腰の方ですが、今日1ヶ月以上ぶりに治療をしてもらいましたが、あまり芳しくないです。

姿勢を変える時に左の骨盤の後ろの方に強い痛みが走ります。

療法士の先生が、関節の動きを治療すると、不思議です痛みが無くなるのです。

でも、暫くすると戻ってしまう。

原因は、関節に炎症が起きているとの事。

昼は割と痛みが無いので、普通に仕事をしてしまっているのもよくないようです。

痛いところが有るとやはり辛いですよね。

こんな繰り返して行くのだろう…


皆様も、くれぐれもお体の方気をつけてくださいね。

寒いと治りも遅かったりします。

そして、インフルエンザも依然として流行しています。

春が待ち遠しいですね。



雪の日の夢ちゃん

先日、こちらの地方にも雪が降りました。

首都圏に含まれるとはいえ冬の寒さは厳しいこの地域。

雪の降雪量はその年によってバラツキが有って、今年は極端に少ない状態でした。

とはいえ、桜が咲く頃に大雪という事もあるのでまだ分かりませんね。

先日は、予想通りに朝の6時頃に近所の連絡網が入って雪かきとなりました。

幸い仕事がお休みだったので、雪かきの後にはゆっくりとお風呂で暖まり(ヒートショックには気を付けています)

そのあと夢ちゃんとの散歩を楽しみました。

未明頃から除雪車が大活躍しているので、公共の道路は綺麗に雪かきされていました。

危ないのは、残った雪が凍ってしまう日陰です。

夢ちゃんはそんな事は考えません。

テンション高めに走ります。f:id:JunchanObachan:20190204074143j:plain

「次はあっちを走ろっかな💛」

足、冷たくないのかな。

夢ちゃんが居るので、新雪の中を歩く。

幼い頃はそんな風に弟と走り回ったものです。

そういう、自然現象を楽しいと思う心、随分前から失っていたんだと実感した私です。

夢ちゃんはそんな私に楽しい事を思い出させてくれます。

ささやかな一瞬一瞬。

ゆっくりと歩き出しています。


今の悩みは、1月下旬から左の腰の下(お尻に近い部分)の痛みです。

AKAの先生は、病院の正月休みが明けた時に予約の電話を入れたけれど取れませんでした。

先日やっと2月8日が取れました。

整形外科にリハビリに行った時に確認しても空いてなくて

「他の先生だったら空いてますけど」と言われたのですか、やめておきました。

AKAを始めて2人の先生を経験し、先生によって施術が全然違う事を知ってしまったのです。

今の主治医はブロック注射に対しても否定的なので、注射をしたくない私には安心感があり、何より優しいのです。

その日まで、体を労って^_^行きたいと思います。


皆様のところにマメに訪問できない私ですが、細々と生きています(^。^)

夢ちゃん共々、よろしくお願いいたします🐕


思い出の品と鳳凰の姿

大変ご無沙汰しました。
母の事では色々とご心配をいただき、ほんとうにありがとうございました。
お陰様で無事に葬儀も終わりましたが、今日の日までこのブログに向き合う事が出来ませんでした。
実家の片付けとか、仕事にも復帰したり、忙しかったのも有ったのですが、そういう事ではないと思うのです。
頭の中を整理する事が出来ないというか、考えがまとまらないのです。
哀しみ、喪失感、後悔、涙、色々な感情が心の中に溢れてしまい…

そんな中で、実家の整理をしていた時に懐かしいものに沢山出会いました。f:id:JunchanObachan:20190201210235j:plain
これは、私が2才の長男を連れて県外に旅立つ日、父が買ってくれた目覚まし時計です。
その日、両親は私と長男を大雄山に連れて行ってくれました。大雄山最乗寺 天狗伝説: 足柄の山に天狗が舞う 寺を天狗が守る

大雄山最乗寺 天狗伝説: 足柄の山に天狗が舞う 寺を天狗が守る


大雄山は昔から何度も訪れていました。

幼い頃は新年に、多分近所の商店街か老人クラブか、そんなバスツアーで祖母と行ったものです。

寒い中真っ暗なうちに出発するので、子供ながらに随分遠くまで行った印象でした。

そこは想像を絶する階段が続き、天狗伝説の通りに天狗の大きな下駄が有りました。

大人になってからも、何かの折に父は私を連れて行ってくれました。


暫しの別れになります。

父はそんな時に私と長男を連れて行きました。

散策した後に、田舎町の片隅に小さな時計店が有りました。

何も言わずに父はそこに立ち寄り

「どの時計がいいか」と聞きました。

私は、今まで迷惑と心配をかけた父に対して気兼ねもあり、小さな時計を指さしました。

その時計は、見知らぬ土地で早起きをしなければならない私を随分助けてくれました。

そして、時間は流れて役目を終えようとしていた頃に、両親も歳を重ね度々入院する事が多くなってきました。

病室には時計が必要です。

私は思い出のその時計を持参しました。

15年以上の時を経て、時計は父の元に戻って行きました。


母の部屋を整理していた時、その時計は現れました。

日に焼けて、電池の収納の蓋も無くなっていました。

でも、ちゃんと動きます。

ずっとずっと時を刻み続けていてくれました。

仮にその時計が動かなくても、私にとっては宝物以外の何者でもなかったでしょう。

今は私の側で「カチカチ」時を刻み続けます。


この1月は、私にとって哀しみの月になりました。

けれど、母が旅立った日の空はどこまでも蒼く、富士山には或る姿が現れていました。f:id:JunchanObachan:20190129214619j:plain地元では毎年5月頃になると「農鳥」と呼ばれる鳥が現れます。富士山の雪解けと共に現れるのです。

それは昔から、人々が農作業の目安にしていたと聞きました。

イトーヨーカドーさんのロゴによく似ています。

でもこの時期に鳥の姿が現れたのを、私は見た事が有りませんでした。

そして、その姿は鳳凰の様に長い尾が有ります。f:id:JunchanObachan:20190129215146p:plainここです。

ネットで調べたら、鳳凰の姿は吉兆なのだそうです。


自分勝手な思い込みですが、誰にも訪れる哀しみと別れ、それでも時間は止まることは無いのだよ、歩き続けなさいと言われている様な気持ちになりました。

いえ、なったとは言えないです。

自分でそういう風に思いを持っていく、そんな感じです。

母に対しては色々な思いが駆け巡っているので、今はまだ多くを語る事が出来ません。

それでもこうやって、ブログに向かう事が出来ました。

それはひとえに、静かに見守って下さった皆様のお陰です。

本当にありがとうございます。

まだまだ厳しい冬は続きますが、春になったら…そんな風に思うと楽しいですよね。

インフルエンザも流行しています。

くれぐれもお気をつけ下さいね。

そして、これからもどうかよろしくお願いいたします。


母との別れ

母が今朝旅立ちました。

昨晩病院から「反応がない」と連絡で駆け付けましたが小康状態だった為、一旦帰宅し今朝のことでした。

今は何も言葉が出ません。f:id:JunchanObachan:20190110093134j:plain昨日一日中風が強かったせいか、空は澄みきっています。

美しい富士山。

暫くブログの方はお休みさせていただきます。

母のこと、心配してくださりほんとうにありがとうございました。

なにもやる気が出ない日

ネガティブなタイトルになってしまいました。

まさしく今日はそんな日です。

もう夕方になってしまいました。

お休みといっても夢ちゃんが居るので、大体いつも通りに起きました。

入浴しコーヒーを飲んで、一応お化粧し散歩に出ます。

「今日はお休みだからね」

散歩に出てから私がそう言うと

途端に夢ちゃんの耳がピンと立って、お尻の振り具合も軽めなリズムに変わります。

そして、毎日左に曲がる道を真っ直ぐに歩き出します。

いつもと違う道を歩くのはとても楽しそう。

まさに夢ちゃんの性格《好奇心旺盛》そのもの。

楽しい散歩となりました。

今日は昼に母の見舞いに行く予定でした。

昨日の夜に弟からメールで

「院内でインフルエンザが出たので当分は面会できない」

との事でした。

母に会えない、そして、数日前に会った母の状態を思うと心にポッカリと穴が空いたような気持ちになってしまったようです。

母はもう、食事も摂れない状態になっていました。私が持って行ったヤクルトも要らないと首を振って…


家でやる事は沢山あるのに。

年末年始に忙しかったので、落ち着いてから長男夫婦に家に来てもらおうと思っていたので、色々片付けも有ります。

けれど、全く体が動く気がしないんです。

洗濯はやったけれど…

ビデオを観たり、夢ちゃんに触ったり。

日の短い季節です、そろそろ暗くなり始める。

そんな時、とても後ろめたい気持ちになってしまう。

私、仕事を辞めたらどうなってしまうんたろう❓などと考えてしまう。

こんな私に、夢ちゃんはずっと寄り添ってくれていました。f:id:JunchanObachan:20190108161746j:plain昨夜、少し嫌そうにしましたが写真を撮りました。

私の指と指の間くらいの位置にあるのが《球腫》と思われる

ものです。

1日2回、デルモゾールGローションという薬を塗っています。

心なしか小さくなった気がします。

明日はいい日になる、そう思って今から少し片付けをやりたいと思います。

暗くなり始めたら夢ちゃんと散歩。

そして、夕食もちゃんと食べます。

ひとりだったらどうだったろう…

改めて、夢ちゃんの存在の大きさを思い知らされた感じです。

「夢ちゃん、ありがとう。これからもよろしくね。そして、お互いに病気しないようにしようね」

健康の大切さを実感すると共に、毎月病院に通っていた母との時間が叶わない事が、時間の流れの無情さが辛く感じる今日でした。

「明日を信じる」

私の座右の銘です。

明日はきっと笑顔になれる気がします。