読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

「お守りがわり」という言葉

私は今まで生きてきた中で(岩崎恭子さんを真似てないですよ(笑))

ある言葉に2回出会ったなとふっと思いました。

それは「お守りがわり」という言葉。


20代の頃、2才の長男を連れて県外に旅立つ時、前日から横浜の自宅に一緒に同行し引っ越しの荷造りを手伝ってくれた両親。

横浜での最後の夜は両親と長男、4人で過ごしました。

引っ越しの車を見送った後に、父の運転で転居先に向かいます。

長男は大好きなじいじ、ばあばが居るのではしゃいでいます。

そして、転居先に着き荷物をある程度整理して別れる時に、父はそっと私に或る物を手渡しました。

それは、都市銀行の父のキャッシュカードでした。

「困った時はこれを使いなさい」

言葉少なに。

それからの生活は、若さゆえに耐えられたけれど大変だったと今でも思います。

朝5時半から6時の間に起きて長男を託児所に。午前中の仕事が終わるのが11時半から12時、そして勤務先で昼食をとった後に昼休みです。

私は(今はそんな時間が有ったら迷わずに昼寝しますが)長男との時間を大切にしたくて海に散歩に行ったりデイリーにお菓子を買いに行ったりしていました。

15時頃にはまた出勤。

ホテル業務なのでお客様次第で帰宅時間は変わってきます。

遅い日は22時頃になる事も有りました。


私がその仕事を選んだ事を、父は誰よりも分かっていたと思います。

寮に住んで、託児所も有り、食事も出来る。アパートを借りたとしたら無理だったでしょう。

でも、キツイ仕事だという事も知っていたと思います。

入社後は2週間休みが有りませんでした。

そんな中、深夜私は父に手紙を書きました。

どうせ心配しているのだから、日々の仕事を詳しく書きました。

こんな風だけど、長男が居るので頑張れる、そんな言葉で結んだと思います。

その手紙ですが、父の遺品の中から出てきて今は私の手元に有ります。

父はたとえ離れた場所からでも、波乱万丈な人生を送る娘をずっと見守ってくれていた。


別れの時に父から預かったキャッシュカードは一度も使う事はありませんでした。

それを手にした事で、逆に「使わないように頑張ろう」と思えたのだ。

いくら有ったのかも分かりません。

まさしくそれは私のお守りがわり

いえ、お守りそのものだったと思います。


もう1つのお守りがわりは

「ニトロ」です。

13年の冬に初めて胸の痛みに襲われて、総合病院を受診して、検査の副作用とか色々有りました。

まだ胸の痛みの原因も分からない時に、夜中又発作に襲われて救急で受診した時の医師が循環器の医師でした。

その医師が

「今度痛くなった時の為にお守りがわりに持っていて下さい」

と処方してくれたのがニトロでした。

紆余曲折を経て、出会った今の主治医(開業医)

その医師も処方する時にお守りがわりという言葉を使います。

昨年の5月過ぎに一度発作らしきものが有ってから、今日まで一度も使用する事なく来ています。

出来れば「先生、使用期限が来たので新しいものを下さい」そんな風に言ってみたいと思う私です。


昼下がり、雨も止んで日がさして来ました。

静かな休日、想い出を辿ってみました。


朝の散歩、事故に遭遇

今日はお休みで9時前に散歩に出発💨

昨日一昨日と早い出勤で散歩も慌ただしかったために、今日は日差しの暖かい中ゆっくりと散歩しようと思っていました。

朝は小学校をグルリと回って帰るけれど

「夢、そこの信号の向こうに行こうね」右手には歩車分離信号が有ります。

夢もそのつもりで右側を見た所、異様な気配を感じました。

パトカーの何台も停まっていて、車が横転していました。

野次馬らしき人が沢山います。

そこには行かない事にしました。

10分程歩いてから、帰り道で又その近くに差し掛かると、やっと救急車で運ばれたようです。

「痛かったろうに…」

皆様も車の運転くれぐれも気を付けて下さいね。

その後、いつもとは少し違う場所でパシャり。f:id:JunchanObachan:20170222095759j:plain富士山は穏やかに、そして優しい姿で見守ってくれているようでした。


今ですが、誤って、更新したブログを消してしまいました。

一瞬でも訪問された方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした。

美少女、じゅんちゃんというワンコ

14年の春のこと。

その年の1月に亡くしたムクを思い、私は毎夜、犬のボランティアの方のブログを何度も何度も繰り返し訪問し…

そこで心に焼きついたのが、野犬の母から産まれたワンコ、仮名を《じゅんちゃん》新緑の季節、そのじゅんちゃんは成長した庭の草の陰に隠れて上目遣いに見つめていました。

「新緑の季節、じゅんちゃんも隠れがいがあります」ボランティアの方は語っていました。

その子は人馴れしていなくて、譲渡会にも行ける段階ではなくてケアの段階の子でした。

手を触れるとビクンとして固まってしまうような。

同じ名前という事もあって、私はその子の事が気になり始めました。

哀しみを癒すような…でもないし、自分の手元に連れて来たい…まだそんな段階ではない。

不思議な思いでした。

そしてその子は、とっても美人さんでした。

昨年だったか、イケメンゴリラをテレビでとりあげていて、一瞬《えっ👀》と思ったけれど、確かに目元はキリリとしていてイケメンなのです。

人間以外でも当てはまるんですね、美人とかイケメンという表現が。

夏になり、私はその子に会いたいと思い始めました。その子を保護しているボランティアの方は譲渡会を毎週日曜日に開いていて、幸いにも同じ県だったので休みが取れた日曜日に訪れました。

しかし、その日はじゅんちゃんは参加していなかったのです。

その数週間後に他のボランティアの方から後押しされて会いに行った夢と出会ったのです。

それも縁だったのでしょう。

今でも思います。夢とは出会うべくして出会ったんだと。

夢が我が家に来てからも、わたしはちょっぴりそのじゅんちゃんの行方が気になりました。

そして、ボランティアの方に手紙を書きました。

自分の力量では犬を二頭育てるのはギリギリかもしれない、けれどじゅんちゃんを引き取りたいと。

つくづく私とじゅんちゃんは縁が無かったのでしょう。

少しの差で、じゅんちゃんの兄弟犬の里親になった方が名乗りを上げていたのです。

でも、よく考えたらじゅんちゃんにとってはその方が幸せだった。

兄弟と暮らせるのだから。

 

今でもふっと思い出します。

上目遣いに隠れていた幼いじゅんちゃん。

もしかしたら夢と暮らしていたかもしれない子。

幸せでいて下さい。 

今はそう思うばかりです。


仙人が出てきそう❓

相変わらず寒いです。

仕事の後に2階の駐車場に行ったら、雪が舞っていました。空はどんよりした感じ。

私は咄嗟に、のんが亡くなった日の事を思い出しました。

三男が教えてくれた虹の橋。ペットが(のんやムクはペットという存在ではなくて、かけがえのない家族だったけれど)亡くなった時に、虹の橋のたもとにたどり着く、そこはお腹は空くことはなくて、身体も元気な時の状態でそこで飼い主との再開を待っているのです。 


亡くなった数日後に虹が出ました…f:id:JunchanObachan:20170214195244j:plainうっすらと虹が見えますか❓

私は信じました。

最後は歩くのも辛くて、それでも最後まで頑張った、そんなのんが虹のたもとにたどり着いたと。

同じ場所です。

あの日虹を見たのは朝。

今日は18時前くらいです。

同じ場所に見えますか❓f:id:JunchanObachan:20170214195543j:plainのんはムクと一緒に元気でいることでしょう。

そんな場所に仙人も居るのかな❓と思ってしまった私です。

私もいつか会えるのかな❓

命を終えた後の事は誰にも分からない。想像でしかないかもしれないけれど、私はいつか、あの2人に会えると、そんな風に思っています。

雪化粧②

昨日の朝、富士山は雪化粧と言う言葉にふさわしい姿でした。f:id:JunchanObachan:20170212210246j:plain五合目位までは真っ白。

前日の雪が残って麓の方まで雪化粧です。

このうっすらとした雪の色は、1日で消えます。

今日は上は真っ白、下は澄んだ碧、いつもの姿に戻りました。

風は冷たいけれど、その季節にしかない美しさを感じながら朝の散歩に行ってきました。


雪化粧

昨日から西日本、日本海側、雪に見舞われています。

大変な思いをされている方々、雪が早くやんでくれる事を祈るばかりです。

こちらは、日中降りましたが今はやんでいます。f:id:JunchanObachan:20170210205512j:plain18時過ぎに散歩に行った時はこんな状況です。

アイスバーン状態なので要注意でした。

f:id:JunchanObachan:20170210205733j:plain暗かったのと、車か危ないので急いで撮った為に、夢ちゃんはイマイチ良く撮れませんでした。

雪が好きな夢はテンションも上がって、新雪の中を歩くのが大好き。

私が写メ撮る為一瞬止まったのでテンション下がり気味。

静かな、静かな夜です。

うっすらと雪化粧した街並みを見ていると、随分前に好きだった松山千春さんの《雪化粧》という歌を思い出します。


町はとても静か 白い雪が降り続く

寒い部屋の隅で 僕はためいき


そんな時も君は 長い髪をかきなでて

僕に笑いかける 寒くはないと


何が悲しいとか つらいわけじゃないけど

ただ今は君のこと 抱きしめていたい 

強く 強く 強く 僕のこの両腕で

君を 君を 君を 愛し続けたい


僕の胸の中で 涙こらえきれないね

そんな君がとても いじらしく思う


何が悲しいとか つらいわけじゃないけど

ただ今は君のこと 抱きしめていたい


町はとても静か 白い雪が降り続く

僕と君の為に せめて雪化粧


せめて 雪化粧


松山千春さんのコンサートは一度だけ行った事か有ります。

ギターを持って座られていて、片隅には真っ赤な薔薇が一輪飾られていました。


どこまでも澄んだ千春さんの声はその歌詞の優しさと重なってとても素晴らしかった。

ただ(それはあくまでも当時の話ですが)毒舌な千春さんは、お前らバカヤローみたいな感じのMCで、恋に恋する乙女にはちょっとキャップが有った次第です。

それは飾らない千春さんのありのままの姿なんだと思いますが。

臨場感というものはそんな風なのかもしれないと思いました。


雪は美しい。

けれど現実は…

降雪のための事故、多発しています。

どうか牙をむかないで下さい。





嫌いな人って居ますか❓

私の今までの人生、この人ダメ‼️と思う事は殆ど有ませんでした。
それって凄く恵まれていたのかもしれません。
しかし…最近になって、口は悪くなってしまいますが(何しろ腹黒シスターズなんで)後ろから蹴飛ばしたくなる衝動に駆られてしまう人物が居るのです。
その人は同じ職場のアルバイト(短時間で仕事をしている)私よりはずっと年上の女性です。
天然な私は(自分で認めてしまった)人に対して攻撃的な気持ちになった事は皆無に等しい、だけど、何度も嫌な事をされたら…
一度や二度では無いのです。
昨年の事、朝出勤したら事務の女性が
「10年勤続で表彰されるので今から朝礼に出てくださいね」
急いで支度をしていたら、その女性が
「えっ‼️私は10年経った時に表彰されてない💢ハチンコされた、ハチンコされた‼️」すごい剣幕です。
私は内心「それを私に言われても」
と思ったけど
「ハチンコって何ですか❓初めて聞いた言葉で…流れで大体想像つきますけど」
と返しても、ただ自分の怒りをぶちまけるだけ。これから表彰される人に対してそれは無いよな、嫌な気分だけが残りました。
そして疑問を払拭したいので事務の女性に聞いたところ、その人は50歳過ぎて入社した為に、9年経った時に一旦定年扱いで退職の手続きをしてから新たに採用という形になったそうです。だから9年勤続で終わってしまった訳です。
私はその人に伝えました。
そしたら、さっきの剣幕は姿を消して
「あ〜そうですか。」
私はあまりの態度の違いに憤慨してしまい、少し意地悪を言ってしまいました。
「あの、さっき、ハチ.何とかとずっと言ってましたけど、あれってどういう意味なんですか❓」
「忘れました…」
忘れる訳ないだろ、と思ったけど、私の意地悪はそこで終了。

彼女の自分本位な言動はそれだけでは有ませんでした。
凄く混んでいて、待っているお客様がいた時に
「スミマセン、あのお客様の用件だけ聞いてもらえますか❓」
「私、帰る時間なんで」
1分で済むような事も拒否されました。

私が何故、今になってその人の事を言ってしまうかと言うと…
一昨日、堪忍袋の尾が切れたんです。
仕事柄、詳しくは言えないのですが…
その人が帰る時にレジのお金の誤差を確認をしなかったんです。
私が引き継いで、それは後でも良い事だったけれど人一倍自分の間違いは無いと思う人なので、帰る前にやってやろうと好意で急いでやったんです。
そしたら少しの誤差が出たので、まだ更衣室に居るだろうその人に伝えなきゃと思って行ったら
「10円が有ったはずです、よく見てください💢よく見てください💢」
「あっ、じゃあ確認しますね」
帰って来た言葉に確かにムカついたけど、そこで私が言い返してもと思ってそう言ったけど、モヤモヤ。
その場に居た友達が
「〇〇さんが立ち去った後もずっと言ってたよ、私は気分悪くなったから言ってやった、もう言わなくても良いんじゃないですかって」
その友達の言葉を聞いて、スッキリしたので私は引きずる事も無く今日に至っています。
だけど。その人の事は嫌い‼️苦手とかじゃ無くて嫌いだって思いました。
やる事には手抜きをするのに、自分の主張だけはする。
自分さえ良ければ良いんだって。
私自身も、自分が全て正しいなんて思っていない。だけど、大変な人が居たら手伝うとか、状況で応援しようとか、そういう気持ちは持っている。
その人は、自分さえ良ければ良いのです。
そしてもう1つ主婦として疑問が…
その人はお弁当は持って来ないのでいつも買っています。
金に糸目をつけなくて食べられないだろ、と思うくらい買って、当然食べ切れなくなり残ったものは捨てます。
食べ物を粗末にするのも嫌。

今日の私は悪口でしょうか…
でも、そんな人に振り回されて、反論もしないでいる自分をはてなの方々は分かってくださるかな❓
ちょっと救いを求めてしまいました。