読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

母の髪

昨日は金曜日。

実家の母の所に訪問介護の人が11時に来る日。

その方はとても真摯に母の面倒を見てくれて、最近は足湯などもやってくれます。

心臓からくる足のむくみのチェックとか、1週間の体調の確認、そして何より、母の話し相手になってくれます。

その人が来ると母は饒舌になり、いつまでも話し続けます。

ひとつ難点は実家は車を玄関の縦長な庭に縦列に停めなければならず、私が先に着いた場合は2台停められる様に奥に入れるのですが、訪問介護の人は真ん中に停める為、後になってしまうと近所の駅に停めるしかなくなります💦

今日は早めに行きました。

母の髪が伸び始めていたのでカットしたかったので。

幸い暖かかったので、玄関の外でカットしました。

以前は椅子に座らせてやっていたのですが、父が亡くなった後、弟が中心となり色々整理した時に、台所の古くなったテーブルと椅子を処分していました。

その方が母が歩きやすいのと、悲しいですがもうあまり必要も無くなっていたのです。

それで、昨日は立ったままのカット。

数分で終わるので母も何も言いませんでした。風が少し有ったので、細くなった母の髪が顔に舞って来ます。

耳が半分出る程度にサイドの髪を切ります。後ろはハサミを縦に使って自然な感じに短くしました。

いつだったか母がぼやいた事が有ります。

中々タイミングが合わなくてカット出来なかった時に、介護施設の方でやって貰ったことが有るのです。

勿論プロの方がやって下さり、代金も支払う形になります。

「みんなおんなじ、老人の様な髪型にされてしまう」

しっかりしている母は「どのくらい切りますか❓」みたいな会話もなく、同じにされたのが嫌だったのかもしれません。

そこには、会話の出来ない方も居ます。

だから必然的にそうなるのだろうし、忙しいのだと思います。気を使う母は、空気を読んで何も言わずに同じ様にして貰ったのでしょう。

私はズブの素人です。

自分の行っている美容師さんの手の動きとかハサミの入れ方みたいなのを盗み見て。

母のとっては

「急に振り向かないでね、危ないから」

「耳は少し出ている位で良いよね」

そんな会話が安心するんだと思います。

仕上がりには何にも言いませんでした(笑)

でも、私は母の頭頂を見た時に愕然としました。

前回のカットした時よりも、髪が極端に薄くなっていたのです。

辛い現実でした。

父は元々髪が薄かったので、カットしていても何の違和感もなくて

近所の美容院に1人で行った時に通常の代金を支払う時に

「こんなに髪が少しでも、フサフサな人と同じだけかかるのか」

「少ない方が、逆に手がかかるんですよ」

そんな会話があったそうな…

それは今でも笑い話になっているけれど、母の髪は悲しくなりました。 

最近の私は、母の所に通う事は用事とは捉えていません。

父が健在の頃、病院に行ったり、買い物をしたり、それらの事は休日を使って行なう用事の一つだったのかもしれません。

父が亡くなって思った事は、それらの時間は親との大切な時間だったのだ、やっておいて良かったと思う様になったのです。

だから私にとっては、髪をカットしたり、食事を届けたりする事は母との大切な時間なのです。

この前は夢ちゃんを連れて行きました。 

屋外では初対面の人にもシッポを振るのに、部屋の中では怖がりが見え隠れして、固まってました。

母は 

「こんな子を何で捨てる事が出来るのか」

夢が我が家に来た経緯を知っているので口癖の様に呟きます。

今度の金曜日、又夢ちゃんと行こうかと考えています。