読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

自己嫌悪

今日は考えられない失敗を一度ならず、何回もやってしまいました。

平常心を保つのが難しい…

自分自身を振り返ってみると、人がズルイ事をしたり楽をしたり、嘘をついたり、そんなのが許せない所が有って(もうご存知かもしれませんが)それは心の中で思うので、あえて攻撃はしないで自分が悶々としてしまう。

だけど、自分のミスは後悔し過ぎて引きずってしまうのです。

今日は…

今まで積み重ねた信用を失う(これは大袈裟かもしれませんが、今の自分はそうとしか思えない)ミスの連発。 

分かっている事なのになんでそんな事…

というミスです。

一つは、あるお年寄りの方がずっとサービスカウンターの受付の椅子に座っていたのです。

それは、scがオープンする前から。

お年寄りの方はたまにそこの椅子で人を待っていたりするので、あえて声はかけなかったのです。

何十分も後に…

私がscをオープンさせたら「これお願いします」

…その人は開くのを待っていたのです。

私は何度もその方の側を通り過ぎていました。

以前に同じ様な人に 「ご用件はお有りですか❓」と声をかけたら、その人はただ座っていただけなので、邪魔と受け取られてしまって嫌な顔をされたのです。

その方には

「申し訳ありません、いらっしゃるのは分かっていたのですが、どなたかをお待ちだと勝手に思い込んでしまって声もかけませんでした。時間前でも受付できますので、いつでもお声をかけて下さい。貴重な時間を申し訳ありませんでした」 

とおわびしました。

本当に申し訳なかったです。 

優しい方で、笑顔で返して下さいました。


1日のスタートがこんな感じで、その時の自分はこんな事になるとは思ってもみませんでした。

入荷した商品を出した時に、段ボールに貼り付けて有った伝票をとり忘れてしまった(気付いてくれた人がいて紛失はしなかった)

その他にも、普段の自分がやっている事を忘れたかの様なミス…


ふっと私は、数年前に車をぶつけられた事を思い出しました。

三男がまだ高校生だった夏休み、三男を送ってから出勤する予定で家から出た10mくらいの所で右側から急に車が出て来てぶつけられ、運転席のドアは開かない位凹んでしまいました。

三男は自力で予定の場所に行き、私は保険会社の担当者に電話、相手は近所の息子さんでしたが、態度が悪くくわえタバコをしていました。

「俺が悪いのか‼️」

第一声がそれでした。

私の保険会社の人は早々に来てくれて、後は会社同士のやりとりになるので私は職場に向かいました。

幸いにも私がいつも車検とかお願いしている自工は勤務先から1分位の場所にあります。

そこまで運転して行き車を預けました。


しかし…職場に行っても、全く仕事にならなかったんです。

何が何処に有るか分からない。

さすがに自分でもダメだと思って、職場のマネージャーに早退したいと事情を話し始めたら、意思とは裏腹に涙が溢れて来たのです。

マネージャーは驚いた顔をしていたけれど、帰るように言いました。

事故という咄嗟のことが精神的なダメージを与えていたのに、自分では大丈夫と思ってしまい、そのアンバランスな感じが普段出来ている事も出来なくなってしまったんだと思いました。


今日の私の原因がそれと同じなのかは分かりません。

でも、今の私はやはり少し参っています。

皆さんが心配して下さった、そんな風にはなっていないと信じたいですが、何とも言えません。

14日に友達に会いました。

その事は、気持ちが落ち着いたらブログで報告させて頂きます。

今の自分がその事を語ったら、冷静な文章になる気がしません。


今日の自分は辛かったです。

人に迷惑をかけてしまった、そしてミスをした事で信用を失った、それが辛いのです。

職場で一番になろうなどとは思っていません。

私がなりたいなと思っていたのは

「あの人に任せれは安心だね、信頼できるね」と思われる事。

今日の自分は真逆な事をしてしまいました。


今夜は長男は夜勤で居ません。 

そんな私の気持ちを知ったか知らずか、夢ちゃんピッタリくっついてくれてます。