JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

お見舞いに行ってきました、しかし…そのあと

今日は仕事の後に、入院した同僚のお見舞いに行って来ました。

18時までの勤務ですが忙しくて中々帰れません。

やっと退社して、何を持って行ったら良いだろう❓

糖尿病なので食べ物はNGだし、飲み物は皆んなが持って行ったと聞いて、結果、時間を持て余すだろうと雑誌etcにしました。

とても元気そうでしたが、入院になってしまった時の血糖値が500以上あったそうで(今は100台です)

相当ヤバイ状況だったのです。

彼女は、喉が異常に乾いたり、汗をかいたり、一度はトイレで意識を失いそうになって…

それらを更年期障害と思い込んでいたそうです。

しかも、通院している病院では、血圧の薬は処方するのに血液検査も全くしなかったようです。

本人も採血が面倒という気持ちも有ってそのままにしていたそうな…

考えると怖くなります。

もう直ぐ2週間になるけれど、まだ退院できない感じでした。

消灯の前に病院の廊下を歩くように言われていて、私をエレベーターまで送ってくれました。


そして…

私は帰宅です。

今日は病院の正面玄関(救急車が入ったりする所)の延長線上に駐車したので、正面玄関を右手に見て直進、突き当るのでそこを左折すると立体の信号が有るのでそこを右折すると我が家には一番近いのです。


所が…

病院の出口を左折した(そこは天然な私でも絶対に左折したと言い切れます)

なのに…突き当たった信号がいつもと違う❓❓

真っ暗なので周りは分かりません。

でも、予定通り右折しました。

何処を走っているのか全く分からなくなりました。

内心焦りました。

キツネに化かされちゃったんじゃ??ちょっと過ぎりました。

見覚えのある場所を探しました。

「あっ‼️町民体育館だ」

そこを右折すれば最初に右折して出るはずだった2車線の国道に出れます。

もう…泣きそう。


無事に帰宅して、夢ちゃんの散歩も滞りなく終えましが。

帰宅した長男に話したら

地図まで書いてくれて

「最初の左折を間違えて右折したなら辻褄が合う」

と言われました。

確かにそうなんです。

私が右折したなら、病院をグルッと右回転で一周した事になる。

でも、最初に曲がるのを左右間違える筈が無いんですよね。


考えると怖くなりました。 でも、こうして帰ってこれて良かったです。