読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

思い出の場所に行って来ました

今から10年以上前、亡き父が下の2人とワンコを連れてよく訪れてくれた場所…


もう一度行きたい、そう思っても富士山に向かってどこまでも進むので1人ではちょっと抵抗があって…


今日、天気も良かったので三男の運転で夢ちゃんと行ってきました。

10年以上訪れていない為に、勿論方向は分かりますが、交差点の何処を曲がったか❓そう言ったことがあやふやです。


スバル立体と言う交差点が有るのですが、鳴沢方面に向かって左折します。

スバルライン(富士山に向かう道路)になりますが、最初の間違いはすぐの信号を右折してしまって、直ぐに間違いには気づいたけれどそのまま直進し河口湖ステラシアターに出てしまいました。


勿論、そこからでも行けますが、父のコースとは大幅に違います。


右折ぜずに直進した場合は直進した後に「胎内入り口」と言う交差点を右折です。


ステラシアター側から行くと、その交差点を右折した道にちゃんとぶつかります。


気を取り直してそのから直進、また行き過ぎて、自動車博物館に…

戻って、創造の森を右折

(間違わなければそこを左折すれば良かったのです)


山道を道なりに3キロ程

やっと辿り着きました。f:id:JunchanObachan:20160917160820j:plain全国育樹祭記念広場です。

山道の右側に有りますが、ゆっくり走らないと見逃しそうです。

そうなると延々と山道を走ることになってしまうので注意が必要です。


そこに入ると、きちんと整備された駐車場が有ります。

その時点で三男は

「思い出した‼️

この駐車場で、ムクが中々帰りたがらなくて、じいじは自分達だけ乗って車をスタートさせたよねっ。

後ろから焦って必死で追いかけてきたムクが笑えた」

 

楽しい記憶が蘇ります。f:id:JunchanObachan:20160917161346j:plain看板を過ぎて右側には広い道が広がります。f:id:JunchanObachan:20160917161518j:plain緩やかな下り坂を過ぎるとf:id:JunchanObachan:20160917161629j:plain広大な芝生が広がります。

向かって左側には東屋が、右にはトイレも完備してあります。

芝生には野生動物のフンとかは有りましたが、ここに入ったペットのそれらしきものは無いので、わりと綺麗な芝生でした。f:id:JunchanObachan:20160917162008j:plainしばらく遊んだ後

「蚊がいっぱいいるよ」

三男の言葉で帰る事となりました。f:id:JunchanObachan:20160917162148j:plain駐車場に戻ったら、丁度何台もの車が到着していて、同じ犬種のワンちゃん達が降りてきます。

ミニチュアシュナウザーでした。

多分同じ犬種の犬友ですね。

県外の方にもこんな穴場が知られているとは…


父は良く、こんな場所を探して連れてきてくれたもんだなぁ…

しかも私たちの記憶の中には、雪解けの頃、新緑の頃、紅葉の頃、真冬は勿論自殺行為なので無理なので(笑)

それ以外の四季折々空気を感じる事が出来たのだと、改めて父の愛情を感じました。 


自宅に戻ってから調べた所、写真好きの方は星を撮りに来るそうです。

富士山にかかる天の川の写真をアップされていた方も居ました。


駐車場も有るので、車中泊でしょうか。

でもあの頃も、たまに車のそばにテントらしきものを用意していた人もいたような気がします。

ただし…熊出没の看板も有ったので、その点は気を付けて下さいね。

それに標高1200メートル、夜は冷え込みます。

私もいつか天の川の写真を撮ってみたいですが、1人では無理ですね。

街灯も無く、そこに着くまでは樹海です。恐ろしくて

1人ではとても行けません。


でも、今日は父との思い出を辿り、又新たな思い出が出来た、とても良い日になりました。

当の2人は爆睡中です。