読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

雨のお散歩のチッチ

今日は朝から雨足も強く

「いつ散歩に行こうかなぁ…」

出勤時間は迫ります。

意を決して行きました。

ずぶ濡れまではいかなくても、結構な濡れ具合。f:id:JunchanObachan:20160913212459j:plain夢は顔の奥に黒い毛が隠れているようで、雨に濡れると黒っぽくなってしまいます。「お母さん、夢の顔変❓」

とでも言ってる様な顔。f:id:JunchanObachan:20160913212526j:plainでも、どんな夢も可愛いです。

私は、帰宅した時ですが、玄関の鍵を開けた瞬間に

「チッチ〜💛」

と言ってしまうのです。

これはもう…習慣というか。

チッチのいわれは

私が最初に「夢チッチ」 

と呼んだのが夢が取れてしまったパターン。

けれど、これは毎日の事なので

夢は普通に受け入れちゃってます。

私が帰った時は「チッチ」

と言うんだなと学習してしまいました。

だから、もう変えなくて良いのかなと思っています。


あと、夢との絆の深さを思う、ほんの些細な事が有ります。

昨年ですが、長男が散歩した時に逃げ出した夢。

そのきっかけは、当時は用を足した後に暴れる癖が有ったのです。

私よりは関わる時間が少ない長男、しかもその時は夜勤明けでぼ〜っとしていた。

その一瞬、夢は逃げ出しました。

300メートル位追いかけた長男は、次の日に筋肉痛⤵️


でも、夢は話せば分かる女なのです。

私が散歩の時に用を足したものを取っている時

「ゆめ、引っ張らないで待っていてね、今片付けているから」

ちゃんと待っています。

「ありがとうね」 私が言うとこっちを見て歩き始めるのです。


たまに草がある所でそんな場面になると、

ワンコの本能と言うか…(⌒-⌒; )

後ろ足で思い切り草と土を蹴ります。

私に向かっていて

「おいおい、草がお母さんの頭に」

何て事も有るけれど、それを責めることは出来ないので、無言で前髪の草を払います。

お母さんを待つ、という事が出来るのは進歩だと思うし、危ない道路では「止まれ」これは完全に覚えました。

悲しい事ですが、ワンコが散歩していようがスピードを緩める運転手さんは少ないです。

危ない所は車が来なくでも止まる習慣を付けました。


こんな毎日を過ごしています。

明日も私は帰宅すると

「チッチ〜」

と呼ぶでしょう。

居間には、しっぽフリフリの夢が待っています。

待っている存在がある事、私にはそれだけで幸せに感じます。