JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

夢が来た頃

早いもので、夢が我が家に来てから3年となります。

ボランティアの方から譲渡された日が誕生日になるので、夢の誕生日は8月8日です。

そして偶然にも、それは保護してくれていたボランティアの方の誕生日でもありました。

嬉しい偶然です。


私が仕事をしている為に、来て直ぐに留守番は可哀想と、大学生だった三男が夏休みの間に連れてきたのです。

しかし…三男はバイトに忙しくなって、私は会社の昼休みに家に戻っていました。


夢は、室内でフリーに動ける状態にもかかわらず、私と一緒に寝た長座布団の近くを離れませんでした。

行動範囲は半径2㍍も無かったと思います。f:id:JunchanObachan:20160902190149j:plainいつしかこんな風に眠るようになりました。

この頃は痩せていたなと思います。

春頃帰省した三男に

「夢、顔が四角くなったぞ」

何て言われて

レディーが可哀想と、ドライフードを調整しました。

というのは、夢はお腹をすかしていた頃の記憶が有るらしく(淋しいからかもしれません)1人の時はフードを一切口にしないのです。

私が帰宅すると直ぐに食べ始める。

私が来たので、今ここにある物を食べても又貰える、と思っているのか、ただ単に1人だと寂しくて食べないのか…

とにかく、そんな姿が不憫というか…指定の分量よりも少し多めになっていた。

その結果、首輪からお肉が出て、前から見ると顔が四角…??

げ、原因は私⤵️⤵️

でも、お盆に来た時に三男から

「昔のように小顔になったよ」

と言われまんざらでもない夢。


いつまでも元気で一緒に居られるように、お互いに頑張ろうね、夢。