読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

どうしてもタイトルの分からない曲が有ります。

随分昔です。

少女の頃、因幡晃さんの曲をよく聴きました。


あの頃、《わかってください》

とか《別涙》などは割と誰でも聴いた事は有ると思うのですが…


80年代前後に出したアルバムに収録されていた曲で、歌詞は


夜の霧の帳を通り抜け


私の元にいつの日か


あなたは帰ってくるでしょう


きっと、いつかは


完璧に覚えているのはこのサビの部分だけです。


因幡晃さんのとても滑らかな高音がよく生かされた、とても切ない曲です。


何度もネットで調べたのですが…


判明しませんでした⤵️


アルバムは持っていました。


けれど、何度かの引越しで(多分置いてきてしまったのでしょう)紛失。

 

もう一度聴いてみたい。

 

そんな思いがもう何年も続いています。


昨日ですが、おばさんの通夜に参列しました。

職場を4時に早退し斎場に向かいました。


おばさんは、病院にお見舞いに行った時は意識もなくHCUのベッドに寝かされ、口も目も開いたまま。

声を掛けたけれど一瞬こっちを向いた感じで、それ以外の反応は有りませんでした。


おばさんは私の父親の一番下の弟の奥さんです。

まだ70代…

兄弟の中で一番若いからって長く人生を送れるとは限らない、そういう人間の運命みたいなものを感じた時に、自分自身も終活をしないといけないな、と思い始めました。

子供に見られたら恥ずかしいもの、処分しなきゃ…

「お母さん、こんなものしまいこんでたよ‼️」なんて図を想像するだけで恐ろしい。

 

まぁ、無いとは思いますが(笑) 


それに、その時は自分は居ないわけで、何にもわからないんだろうけど…


話が少し逸れましたが、

例えば10代、20代の頃のように余裕で構えてはいられない年代なんだと。


だから、心残りを残したくなくて、 

ふっと、あの曲をもう一度聴きたいと思ったんです。


どなたか、わかったら教えて下さいね。