読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

1日8時間始めました

1日8時間とは…

1日の食事を8時間の間に済ますというものです。たまたま色んな場面で知った私は、ある事が過ってやってみようと思ったのです。

ダイエットと銘打つのには少し抵抗があります。

何から話せば良いのか…


遡る事10年以上前、私は仕事を掛け持ちしていて、帰宅はいつも22時頃になっていました。

その頃から深刻な病が…

過敏性腸症候群、自分の意思とは関係なくお腹が痛くなり我慢できなくなります。その為に朝食はとれなくなりました。朝開店の準備をしていると腹痛が始まるのです。

そして社員食堂での昼食、食べている最中に腹痛でトイレに行きたくなってしまうのです。

そんな生活を続けて、自分でも気付かない間に7㌔以上体重が落ちました。

当時の私は、職場でのストレスと過敏性腸症候群が原因で体重が落ちたものと思っていました。

その時の主治医にも仕事を辞めるしか無いと言われました。

その体重は5年ほど維持しましたが、今の職場に転職してから徐々に増え始め、しかもその頃から一度は回復した過敏性腸症候群が再発し、しかも以前よりもひどい症状。 

なのに体重はやんわり増え続ける❓私の中で違和感が生まれました。

ひょっとして、以前私が体重が落ちたのは、病気でもストレスでもなく、その陰に何かが隠れていたのではなかったのか❓と。

生活のパターンを思い起こした時に、その時の私は1日の食事を8時間以内で済ませていた事に行き着きました。

8時間では3食は無理です。

朝食を抜くしかなかった私は、知らず知らずの内に8時間ダイエットを行なっていたのでは❓

しかも、一回の食事量は少なかったので一気に体重も落ちたのでしょう。

子供達を育てる事に精一杯で自分の体型など気にも留めなかったのですが。

今こうしてあの頃のGパンとか入らなくなったり、椎間板ヘルニアと診断され、その症状で辛いギックリ腰になったりするにつけ、体重を減らさなければと思うようになったのです。しかも、もう1つ病が増えています。冠攣縮性狭心症です。


以前から、自分の体に無頓着な方では有りませんでした。

ただ、サプリメントとか、ダイエット食品は抵抗があった為に運動でと、今思えば色々やった気がします。腰痛のためのダンベル体操フラフープ。

それらのものでは全く効果無しでした。

三日坊主では無かったと思います。フラフープに関しては、朝晩500回(左回り、右回り合わせると1000回転)1ヶ月休まず続けて1グラムも減りませんでした。

これは私には向いてないのか、友達の娘さんは腹筋が割れたと言ってたので。

思えば高校時代、器械体操部で腹筋100回、しかも体育館のステージの端にお尻を置いて、背中には床が無い状態でやったので普通の腹筋よりもキツイです。そんな日常。

あれから随分月日が流れたとはいえ、筋トレに対しては直ぐに慣れてしまいキツくなくなってしまうような気がします。


朝は、前の晩に乾燥シイタケを水に戻した椎茸水を飲みます。それだけです。椎茸水は高血圧に良いみたいです。

昼は、自分の作ったおにぎりと煮物、そんな感じで済ませます。

12時前後に空腹のピークがきます。仕事の日は昼食は14時。帰宅が遅くなっても22時までに夕食をすませば良い計算です。

これで暫く続けてみようと思ってます。

もしも効果が有ったなら、いえ、無くても、この場で報告しますね。