読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

庭の木蓮が咲きました

木蓮で思い出すのは、小学校の入学式です(自分のです)校門の右側にとても大きな木蓮の木が有りました。ちょうど入学式の頃に満開だったと思います。

校門の右側には、古い木の橋が有りました。山の神橋という名前だったと思います。子供心にも崩れるんじゃないか❓と恐怖心も有ったりして、未だにその橋の夢を見る事があります。橋を渡って直ぐ右手に校門です。橋の下には深い堀が有りました。木蓮はその堀の斜面に根を張っていた感じです。

木蓮とその橋、私の記憶の中ではいつも一緒です。

橋の名前も神秘的で、子供の頃は古い橋が怖くも有ったけれど、きっと何十年も小学生を見守り続けた守り神の様な存在で有ったと今では思います。

昭和の頃というのは、そんな風に記憶に残る物が多かったな…

庭の木蓮を眺めて回想にふけりました。f:id:JunchanObachan:20160405112917j:plain