JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

言った‼️言わない‼️の争いってよくある❓

今日は三男の車が納車です。

私は休めなかったので長男が同行しました。

三男は2年もブランクの有るペーパードライバー…

県内の中心部です。いきなりそこで運転です。心配性の私の性格を知り尽くした長男は、ラインで車と三男の写メを送ってくれました。

その時は気付かなかった⤵️帰宅後シミジミ見たら、車のナンバーを指定したのになっていません?

ディラーの担当者は、スミマセンという感じではなくて、受てないような言い方をしたみたい。私がそこに居たら、状況証拠を突きつけて文句の1つも言ったかもしれない。

私達は、3人でそこに居て、指定のナンバーも言っているのに…

長男の話では、そこで三男は全てを察して、特別嫌なナンバーではないのでそのまま何も言わなかったそうです。

私は、面倒くさい人間です。そういう状況になってしまったら、現実を受け入れて気にしない方向に持ってく事ができない。出鼻をくじかれるというのが一番嫌だ。

スタートに邪魔が入った気分になってしまう。三男位の年代の頃は、気持ちを切り替える事ができなくて、いつまでもウジウジしていた。

だから三男は偉いなぁと思う。


三男がぽつりと言いました。

「でも、お母さんの車のナンバーが自分の指定したのと同じになっているのでそれでいい」

なんかマザコン⁉️って思ってしまう人いるかな❓

でも私は、この言葉が三男の優しさなんだと思います。

日頃、嫌な思いをしたり、お客様に対して「ちっくしょう」なんて思っている私には無くなりかけている大切なもの、子供から教えられたような気がします。