JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

明日また会える別れと、いつ会えるか分からない別れ…同じサヨナラなのに

三男は一昨日の卒業式の日は謝恩会の為に実家には帰りませんでした。

男の子なので母親にはあまり多くは語りません。

次の日の昨日、昼過ぎに我が家に戻った様です。私が帰宅した時には家でくつろいでいました。

謝恩会の日は県外出身の友達はアパートを引き払っているので三男の所に泊まったそうです。

駅での別れ…

シュチュエーションは4年間の学生生活と変わらない「じゃあね?」です。でも三男は分かっていました。

その別れが明日会える物ではない事を…私に呟きました。

「明日またねといつも別れていたのに、次はいつ会えるかも分からない、同じサヨナラなのに」

重みのある言葉でした。

いつか三男が、同級生達と笑って近況を話せる、そんな時間があって欲しいと切に願います。

今日は車の納車とか保険の関係で、三男と2人で又大学の近くまで行ってきました。勤務先は大学と同じ市なのです。往復100キロ余り…

拙い私の運転で行ってきたので、私自身も疲れました(笑)

大学の桜は、2日しか経っていないのに大分開花していました。

私も、もう大学の桜を撮る事はそう無いでしょう。

時が止まって欲しいと、たまに思ってしまう事が有ります。f:id:JunchanObachan:20160325180237j:plain