読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

未曾有の大雪から2年

2年前のあの大雪は、一生忘れる事はないでしょう。

丁度今日です。次の日は勤務先が休みになって、家で冬休みで帰って来ていた三男と交代で雪掻きをしました。

その時に、のんもムクも居ませんでした。

雪で遮断された我が家は、2人がいない事でずいぶん寒く感じました。

ある人が言いました「大雪になる前で良かったね」心が痛みました。

その人は、大雪で交通も遮断された時にワンコが具合悪くなったら大変だった、ただそれだけを言いたかったのだと思います。何の悪意も無い言葉です。

でも、私はそう思いませんでした。

たとえ何時間かかっても、ムクを抱っこし歩いて病院に行った事でしょう。大切な家族の為には何処までだって歩けたと思います。

大雪の後の出勤は歩いて行きました、途中こんな光景を撮りました。ここは河口湖駅の駅舎の左側の駐車場の辺りです。f:id:JunchanObachan:20160214203417j:plain皆歩いていました。後ろから音がして振り向くと、疲れ果てて殺気立った除雪車。自分で避けないと危ない感じ。

そして約1時間かけて職場に到着。

忘れられない1日です。

いつも三男と話します。のんやムクがあの大雪を経験したら、どうしたろう… 

多分、大喜びで走り回ったんではないのか。

のんは幼い頃によく脱走し、今はもう無い空き地を走り回っていました。その日も雪だった。

雪が大好きでした。 

ヨークシャーテリアのミックスだったので、雪遊びをすると雪の塊が毛に鈴なり状態でした。それでも雪が大好きでした。もう一度雪遊びしたいよ。

ゆきの思い出は、胸がチクンと痛みます…