JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

粉雪です

f:id:JunchanObachan:20160201090219j:plainさっき散歩の為に庭に出て、初めて雪が降っていると気付きました。

多分降り始めたばかりです。

粉雪です。

今から10年前(もうそんなに経つんだなと…)私は、信じられない事に、昼、夜勤務していた会社がほぼ同時期に閉店してしまいました。

そして、昼の会社の全ての片付けを終えた5日後には今の会社に就職したのです。

その会社に向かう朝に、いつもレミオロメンさんの《粉雪》を聴き続けました。

私はその時に、まだ小さかった次男と三男を育てる為に必死でした。

実は、初出勤の前日に39度の高熱でした。初日から休めない…必死で行きました。そんな時に聴いた《粉雪》は、私の応援歌になったのです。

レミオロメンさんは同じ県の出身という事もあり、思い入れがあります。そして私の家族の人生の節目にその歌が重なります。

三男にとっては3月9日は卒業の忘れられない思い出です。

そして今日は粉雪。藤巻亮太さんの出身地と数十分の距離なのに、ここは、アスファルトに落ちてシミになる様な雪ではありません。

あっ⁉️でもきっとそれは春先の雪を歌ったのかもしれないですね。

つくづく、藤巻さんの詩の世界の素晴らしさを感じて、少しでも近い距離にそんな人が存在したんだと思うと、とても誇らしく思います。

因みに、私の三男の中学の時の担任の先生は藤巻さんの同級生でした。

蛇足でしたね?

これから出勤、積もらないでと祈る私です。

夢だけが、何も気にせず平常心です。