JunchanObachanのブログ

じゅんちゃんおばちゃんの夢日記

2人ぼっちの夜パエリアを食す

今日は三男が帰ってきました。

私の知らない白いセーターが似合っていました。

久しぶりに水入らずで夕食かな?と思いきや、高校の部活の仲間と忘年会だそうで、何と長男も忘年会。

今夜はいつもと何ら変わりなく、夢と2人の夕食です。

夢はささみを茹でて、私は炊飯器でパエリアを作りました。

自分の為には何にもしない私ですが、今日は作ったです。f:id:JunchanObachan:20151229203333j:plainこれから、ひとりぼっちの夜は増えるのでしょう。それは、子供が成長した証ですね。今私が望む事は、3人の大切な子供が幸せになる事、そして私は、最後の日まで自分らしく生きたい。

父の話になりますが、宝くじが大好きでした。以前に話したように「宝くじが当たったらお前の家のローンを払いたい」と言ったように、宝くじ、大人買いしてました。

杖で歩くようになっても、私が売り場まで連れて行ってました。歩くのも大変なのに、そこに行くとシャキッと嘘みたいに歩き出してました。

父の棺には弟が宝くじを入れました。その宝くじは、年末ジャンボです。当然結果は分かりません。

姉が言いました「それで良かったのか」と。私も一瞬思いました。けれど、外れた宝くじを入れたとしたら父は喜んだでしょうか❓父が何故宝くじが好きだったのか❓それは当選を楽しみにする時間だったのではないでしょうか❓

年末の抽選を、天国で楽しみにしている、そういう風に思った弟は、やはり優しくて、そして父から一番愛された理由が分かる気がしました。

相変わらずの夢と2人の夜、こんな事に思いをはせてみました。